2018年06月

外壁塗装って何日かかるの?期間について千葉の外壁塗装専門店が解説します!

「外壁にひび割れがある…」
「外壁を触ると白い粉がつく…」
こうした場合は、外壁塗装を検討する方が多いと思います。

しかし、中には、
「外壁塗装工事の期間ってどのくらいなんだろう。具体的に何日かかるんだろう。○月までには終わらせたいんだよな…」
とお悩みの方もいらっしゃると思います。

今回は、外壁塗装工事の期間、すなわち外壁塗装工事に何日かかるかについて千葉の外壁塗装専門店がご紹介致します。

■外壁塗装工事の流れ

外壁塗装工事の期間や、外壁塗装工事には何日かかるのかについて解説する前に、外壁塗装工事の工程は具体的にどのようになっているのかについてご紹介致します。

工事が始まる前に、近所のみなさまに挨拶回りをすることも重要ですが、別の機会にご紹介します。

⒈ 塗装の準備

まず、足場の設置が必要です。外壁の上の方を塗るような場合には、しっかりとした足場を用意しなければ危ないためです。

そして、足場の設置後は、高圧洗浄を行うのが一般的です。

そのあとには乾燥させる時間が必要になります。乾燥はやはり時間がかかるので、天気も重要です。

そして、下地調整を行います。下地調整は塗料がのりやすくするために、ひび割れを埋めたりする作業です。

最後に、養生をして、準備は完了です。

⒉ 外壁塗装

外壁塗装は一回塗ったら終わり。と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、外壁塗装は3回塗ることが必要です。

まず必要なのが下塗りです。下塗りは、色をつけることが目的ではなく、上塗り用の塗料がしっかりと定着・密着するようにすることが目的です。

下塗りで使う塗料はシーラーというものです。外壁の痛みがひどい場合には2回下塗りをすることもあります。

そして次は、中塗りです。上塗りと同じ塗料を使用するときには、上塗り1回目といいうこともあります。

業者によっては中塗りをやっていないのにやったと嘘をつくことがあります。中塗りの日を別に設定するのがおすすめです。

そして最後に上塗り(または上塗り2回目)が必要です。

⒊ ケースクローズ

点検と、足場などの片付けが必要になります。

■外壁塗装工事の期間

外壁塗装工事には何日かかるのでしょうか。

塗装の準備に7日、塗装に最短で3日、点検と片付けに2日がかかります。よって、すべて合わせると、短くて2週間弱ということになります。

雨などによる工期の伸びに対応できるよう、短くとも2週間は見ておくのが安心かもしれません。

2週間も取れないよ…というような場合、業者にも焦りが生じるため、事故の危険性も高まります。

また、乾燥の段階など、職人の技量は関係なく、天気次第といわざるをえない工程もあります。

そうしたことを考慮すれば、外壁塗装にかける期間は幅を持って考えておくのがおすすめです。

■まとめ

今回は、外壁塗装の流れと、外壁塗装工事の期間についてご紹介致しました。

外壁塗装工事には、最低でも2週間はかかる、と思っておいた方がよさそうですね。参考にしてみてください。

しつこい外壁塗装の営業の断り方!千葉の外壁塗装専門店がご紹介!

「こんにちは!外壁塗装でお困りではないですか?」
インターホン越しに伝わってくるやけに明るい声。訪問営業に遭遇した経験をお持ちかもしれません。

訪問営業に来た業者と契約してしまうのは非常に危険だとわかっていても、しつこい勧誘に負けて契約してしまった…なんて方もいるのではないでしょうか。

今回は、しつこい営業の断り方をご紹介いたします。

■訪問販売してくる外壁塗装業者ってどうなの?

単刀直入に言えば、訪問販売をしてくる外壁塗装業者は悪徳業者である可能性が高いです。

訪問販売員は非常にトークがうまいです。例えば、「期間限定で〇〇円値下げいたします!」「今すぐに塗り替えないと大変なことがおきます…」というようなセリフがあります。

そのため、その場の勢いで契約してしまうこともあります。

しかし、業者の選定に時間をかけないのは非常に危険です。元は安くても追加料金を合わせると法外な価格になってしまう業者も存在します。

■しつこい訪問営業の断り方2選!

では、しつこい訪問営業の断り方にはどのような方法があるのでしょうか。

⒈ ドアを開けない

物理的に訪問営業を断るという方法です。

どんなに、外壁塗装には興味がないから…と思っていても、一度話し出すと、営業マンの技量によっては、契約してしまう可能性があります。

そのため、ドアを開けないという方法は最も安全な方法です。

ご在宅のときに営業マンが訪ねてきても、居留守を使うなどしてドアを開けないのがおすすめです。

しつこく、2、3回インターホンを押されると怖くなって開けてしまう…という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、営業マンにもノルマがあるため、もう少し辛抱すれば他の家へ行ってしまうと思われます。

⒉ はっきり意志を伝える

公的機関のふりを業者がしていたような場合、ドアを開けてしまうことも考えられます。

いざ話し出すと、営業マンの話術にはまってしまう可能性もあります。

そこで重要なのは、はっきりと断る意志を伝え、早めに話を切り上げてしまうことです。

仕事としてやっているわけですから、営業マンに対する配慮は無用です。

少しでも隙を見せるとつけ込まれる恐れがあります。

また、自分でははっきり断らずに自分一人では決められないので…と言って逃げるのも危険です。

「ではご主人や親御さんはいつお帰りになられますか」というような話になり長期化する恐れがあるためです。

この近所で話題になってますよ、というような伝え方も効果的です。

■まとめ

今回は、訪問営業をしてくる外壁塗装業者の危険性と、訪問営業の断り方を2つご紹介致しました。

はっきりと営業マンに言えないかも…という不安を持っている方は居留守を使うのがおすすめです。参考にしてみてください。

外壁塗装のタイミングの見分け方4点!千葉の外壁塗装専門店がご紹介!

「あれ…もう塗装がハゲかけてきている気がする…でもまだ10年も経ってないしな…」
「外壁塗装が必要なことはわかる。だけど、外壁塗装のタイミングがわからない!」
とお思いの方も多いのではないでしょうか。

日々風雨や直射日光にさらされている外壁は劣化して当然です。

そのため、外壁塗装も必要になってきます。しかし、いつ必要かと問われると答えるのは難しいですよね。外壁塗装にかかる費用も結構高いので不必要な工事は避けたいもの。

今回は、効果的なタイミングで外壁塗装を行うために知っておきたい、外壁塗装のタイミングの見分け方を4つご紹介致します。

■外壁塗装をすべきタイミングの見分け方

⒈ ひび割れている

外壁がひび割れている場合は、外壁塗装をすべきです。深いひび割れの場合は、すぐに外壁塗装を行うのがおすすめです。

浅いひび割れならまだ大丈夫か、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、浅くてもひび割れを放置していると、まず雨漏りにつながるというリスクがあります。

ひび割れた後すぐに室内に雨が入ってくるというわけではありませんが、放置しているといずれ室内にも入ってきます。

また、見た目の景観を損なうというデメリットがあります。外壁は家の顔といっても過言ではありません。このように、ひび割れを発見したら、外壁塗装を検討するのがおすすめです。

⒉ チョーキング

外壁を触ると白い粉つくことがあります。それは、チョーキングという現象が原因です。

チョーキング現象は白亜化現象とも呼ばれる現象で、塗膜の中にある原料が粉状になり表面上に出てきている状態のことを指します。

少し白い粉がつく程度であれば大丈夫ですが、手の一面に白い粉がつくような場合は注意してください。

チョーキングはひび割れ以上に、塗装の必要性が高くなります。

⒊ シーリング材の塗装が剥がれている

シーリング材の塗装は、非常に剥がれやすいものです。

剥がれているのを放置すると、張り替えが必要になることもあります。

シーリングが剥がれていると、防水効果が期待できないため、外壁塗装が必要です。

⒋ 外壁の光沢がなくなっている

サイディング系の外壁だと錆びる場合もあります。

錆びたり、光沢がなくなったりしている外壁を放置していると、張り替えが必要になることもあります。注意してください。

■まとめ

今回は、外壁塗装をすべきタイミングの見分け方について4点ご紹介しました。

外壁塗装はするタイミングが非常に肝心です。ぜひ、参考にしてみてください。

千葉にお住いの方必見|外壁塗装をせずに放置していると生じる問題

「この家に住み始めて早10年。触ると白い粉ついたりもするけど、外壁塗装はまだ大丈夫かな。」
と考えて、外壁塗装をすることなく放置している方はいらっしゃいませんか。

確かに、外壁塗装をするタイミングは難しいものです。

そして、外壁塗装は決して安い工事ではありません。そのため、工事をするという決断がにぶる気持ちもわかります。

しかし、外壁にトラブルが生じているのに、外壁塗装をせずに、放置していると、重大な問題が生じる恐れがあります。

今回は、外壁塗装をせず放置している場合に、生じる可能性のある重大な問題について、千葉の外壁塗装専門店がご紹介致します。

■外壁塗装をせずに放置していると生じる問題

⒈ 耐水性の低下

これは、初期段階で生じる問題です。

外壁の塗料は色やツヤを表現するためだけのものではありません。外壁塗料には耐水性を上げるための成分も含まれています。

外壁は家を外部の日光や風雨から守ってくれる存在です。そのため、屋根だけでなく外壁にも耐水性は必要なのです。

そして、耐水性を向上させる成分は、10年経つとほとんどが剥がれてしまうと言われています。

⒉ ひび割れが起きる

外壁は、伸縮膨張を日々繰り返しています。

1年のスパンで見れば、季節によって変化しており、そして、1日単位で見ると、昼か夜によって変化しています。

この変化は、一年やそこらでは問題ありませんが、10年も経つとひび割れをすることがあります。ひび割れすると、そこから雨などが侵入します。

⒊ 内部が腐る

耐水性やひび割れが起きると、外壁内部に水分が侵入し、内部における腐食が進みます。

腐食というのは、具体的には、木材が腐ったり、金属が錆びてもろくなったりしてしまうことを指します。

⒋ カビ・シロアリの発生

そして、腐食が進むと、カビが発生します。

カビが一度発生してしまうと、とんでもない勢いで増殖します。

厄介なのは、増殖しているのが分かりにくい点です。

外壁内部のカビは気づきにくいため、気付いた時には増殖の程度がすごく、時すでに遅し、なんてこともあります。

⒌ 中性化

コンクリートの強度を保っているのはアルカリ性の成分です。

しかし、外気がひび割れや、腐食したところから侵入すると、酸性の二酸化炭素とアルカリ性の成分が反応し中性化します。

すると、強度が損なわれまうのです。

⒍ 雨漏り

腐食が進み、外壁内部に雨水がたまると雨漏りが起きます。

すなわち、雨漏りしているときは、外壁の劣化度合いがかなり高いということです。

■まとめ

今回は外壁塗装を放置していると生じる問題についてご紹介いたしました。

外壁は家の要です。重大な問題につながらないよう、早め早めの対応が肝心です。

また、外壁の塗り直しとか考えるのめんどくさい…という方は、耐久性の高いタテイルのような塗料を使うのも一案です。参考にしてみてください。

シーリングの寿命の見分け方|千葉の外壁塗装専門店がご紹介

「雨漏りする…」など、外壁の耐水性に悩みを抱えている人もいらっしゃることと思います。

その雨漏りの原因はシーリングの寿命かもしれません。

でも、シーリングってなんだ?こんな疑問を持った方もいますよね。

今回は、シーリングの寿命の見分け方についてご紹介致します。

■そもそも、シーリングとは

シーリング(sealing)とは、水密性・気密性を目的として、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴム製のペースとを充填することです。コーキングとも言います。

シーリングの語源は、皆さんが当たり前に使っているシールと同じです。

今では、シールは名前やマークを表すといった署名目的も強いですが、元々は何かを密封するためのものです。

ちなみに、賃上げの際に用いるシーリング(ceiling)は上限といった意味なので意味が異なります。

■シーリングの寿命の見分け方

シーリングは外壁より先に傷むものであるということに注意が必要です。

そのため、外壁はまだ大丈夫かな…と思っていても、シーリングがダメになってしまったために、外壁の機能が損なわれてしまっていることがあります。

シーリング目地の耐用年数は3〜5年であると言われています。

そして、10年をめどにシーリング工事が必要になると一般的には考えられています。

そのため、シーリングの寿命は10年程度と考えておくのがおすすめです。

そのため、約10年シーリング工事をしていない…という場合、シーリングにひびやしわが生じているような場合はシーリング工事をすべきだといえます。

■シーリングが傷むと…!?

シーリングが劣化してしまうとどんなことが起きてしまうのでしょうか。

シーリングは気密性を高めるために行うものです。

そのため、シーリングが劣化すると、雨水が入って、外壁の内部が劣化したり、空気が入ってコンクリートが中性化したりして、建物の劣化を早めてしまいます。

■シーリング工事

シーリング工事には2通りの方法があります。

一つは、既存のシーリング材の上から新たなシーリング材を打つ、打ち増しです。

そしてもう一つは、既存のシーリング材を取り去って、その上に新たなシーリング材を打つ、打ち替えです。

打ち増しは費用が安く済むというメリットと、性能が100%保証されるわけではない、というデメリットがあります。

打ち替えは費用こそかかりますが、全部交換するわけなので性能に安心感があります。

■まとめ

今回は、シーリングの寿命の見分け方を中心にシーリングについて解説致しました。参考にしてみてください。

外壁塗装で近所への挨拶は必要…?挨拶に関する疑問、千葉の業者がお答えします!

「外壁塗装しようと思っているけど近所に挨拶する必要ってあるのかな…」
「外壁塗装のときの近所への挨拶ってどんなやり方で、どんなことを伝えればいいんだろう…」

というように、外壁塗装の近所挨拶に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、外壁塗装の近所挨拶がなぜ必要なのかについて解説したあと、外壁塗装のときの近所挨拶はどんなことを伝えればいいのかについて解説致します。千葉にお住いの方は必見です。

■外壁塗装の近所への挨拶は必要…?

コミュニティの崩壊が叫ばれる現代社会。「近所付き合いなんてほとんどないけど…」と思う方がほとんどではないでしょうか。

しかし、外壁塗装をするなら、近所へ挨拶することは絶対に必要です。

なぜなら、互いの信頼関係を守るためです。

近所付き合いがないというのは、昔のように近所同士話したり、おすそわけをしたりしなくなったということを指しています。

そうした状態でもやっていけるのはお互いに迷惑をかけないという信頼があるからです。

そのため、外壁塗装工事をするときは近所に迷惑がかかるため、挨拶回りを絶対にすべきです。

外壁塗装工事によるご近所トラブルには、まず騒音や匂いがあります。

塗料の持つ化学物質の匂いは、アレルギーを持っている方もいらっしゃるので注意が必要です。

例えば、シックハウス症候群という病があります。化学物質系の匂いをかぐと、めまいがしたり、気持ち悪くなってしまったりする病です。

このように、外壁塗装工事は近所に迷惑をかける工事であることを自覚することも重要です。

■外壁塗装の近所への挨拶はどんなことを伝えれば?

次に、外壁塗装の近所への挨拶で最低限伝えておくべきことをご紹介します。

それは、、工事の始まる日時・工事の期間・工事の内容です。

「いつ」工事が行われ、「どんな」工事が行われるのかを伝えることは絶対に必要です。

逆の立場に立って考えてみると、いきなりわけもわからないまま工事が始まり、騒音や匂いがする、となれば気分は最悪ですよね。

上記の3点は真っ先に伝えるのがおすすめです。

そして、最後に自分と業者の連絡先と謝罪の気持ちを伝えれば、最低限の挨拶になります。

■外壁塗装の近所への挨拶はいつ?どこまでの範囲で?

外壁塗装の近所への挨拶は、着工の一週間前は絶対に必要です。

加えて、工事開始時や工事完了時も行うのがおすすめです。

そして、スプレー塗装など近所への迷惑が確実に予想されるような場合は、業者に挨拶を頼むのがおすすめです。

近所への挨拶を行うのは、両隣・向こう三軒・裏三軒に挨拶するのが一般的です。

もっとも家の位置する場所によっても変わりますので注意してください。

■まとめ

今回は、外壁塗装の近所挨拶はなぜ必要か?外壁塗装の近所挨拶はどんなことを伝えればいいのか?といった疑問にお答えしました。

近所への挨拶は、自分でするのはもちろん、業者にやってもらうことも多いようです。

ぜひ、信頼できる業者に頼むようにしてください。

タテイルとは!タテイルの特徴!千葉の外壁塗装専門店がご紹介!

「外壁塗装の塗料どうしよう…ウレタン?シリコン?フッ素?」
上記の3種を思いつき、悩んでいる方は多いと思います。

では、「タテイル」という素材をご存知の方はいらっしゃいますか。

その悩みを吹き飛ばす可能性を持った高性能塗料、それがタテイルです。

今回は、タテイルの魅力的な特徴をご紹介いたします。

■タテイルとは

タテイルとは、塗るタイルというコンセプトのもとで研究、開発された無機塗料のことです。

タテイルの開発においては、塗料の高性能化が徹底的に追究されました。

そのため、塗料の中でも随一のハイスペックを誇ります。

■タテイルの特徴

⒈ 高い耐久性

タテイルの特徴はなんといっても高い耐久性です。耐久性は30年とも言われています。

タテイルの耐久性から導かれる最大のメリットは塗り替え回数を極限まで抑えられるということです。

外壁塗装における塗料を選定するときに気をつけたいのは、塗料は塗った直後は綺麗になりますが、その塗料もいずれは剥がれていくということ、すなわち、塗料を塗る機会は一度ではないということです。

その点、ウレタン樹脂燃料、シリコン樹脂燃料、フッ素樹脂燃料は一回あたりのコストは非常に安いですが、30年のような長期間のスパンで見ると、ウレタンが4.3回、シリコンが3回、フッ素が2回塗ることが必要になります。

その一方で、タテイルは30年で一回塗れば大丈夫です。

一回あたりは多少高くついても、30年のようなスパンでみると、タテイルの方が圧倒的にお得なのです。
今回は30年を例にあげましたが、人間の寿命が延びていることを考えると50年ほどが必要になるかもしれません。

しかし、その期間が伸びれば伸びるほどタテイルの強みが発揮されます。

⒉ 自浄効果

タテイルにはセルフクリーニング効果があります。

塗装の表面にゴミがつきやすいか、否かはどの点にあるかご存知でしょうか。

それは、塗料が水をはじくか、水になじむか、ということにあります。

例えば、塗料の表面にゴミが付着し、壁とゴミが一体化します。

水を弾く塗料であれば、雨が降った際にも、水をはじいてしまうため、ゴミが剥がれることはありません。

しかし、水に馴染む塗料であれば、雨が降った際に、雨と一緒にゴミを流してしまうことが可能です。

そして、タテイルは非常によく水になじむため、自浄作用があります。

⒊ 紫外線に強い

外壁は常に直射日光にさらされ続けます。

そのため、紫外線に強いかどうかは非常に重要です。

タテイルは、ウレタン塗料の約5倍日光による劣化に強いので、安心です。

■まとめ

今回はタテイルとは、タテイルの特徴についてご紹介致しました。

耐久性が高く、手がかからないタテイルは建物に長く住んで行こうと考えている家思いの方にはうってつけの素材です。参考にしてみてください。

千葉にお住いの方必見|外壁塗装でよくあるトラブル3選

「近所の〇〇さんとこも外壁塗装するらしい。うちもそろそろかな。」
と思うと、次に考えるのは、外壁塗装業者をどこにするかです。

外壁塗装を自分でするという方はなかなかいないですよね。

業者に頼むときに不安になるのが、業者との間でなにかトラブルが起きないか、ということではないでしょうか。

今回は、外壁塗装業者との間でよくあるトラブルを中心に、外壁塗装工事でよくあるトラブルについてご紹介致します。

トラブル事例を知っておけば、対策ができます。千葉にお住いの方は必見です。


■外壁塗装工事でよくあるトラブル3選

⒈ お金でもめた…

金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあります。業者とお金の問題でもめることはよくあります。

例えば、外壁塗装工事で予期せぬ追加料金を請求された、という場合があります。

見積書に書かれた内容を、見積書に書かれた金額で工事をするはずなので、追加料金が大きく発生するのはおかしなことです。

雨が降って工期が延びた場合も、追加料金は通常発生しません。

なぜなら、雨が降ることも考えた上での工期が設定されるのが普通だからです。

もっとも、見積書の金額が異様に安い場合は、そうしたトラブルが発生する恐れがあります。

対策としては、異様に安い業者には頼まない、見積書の内容をしっかりと確認しておくということは挙げられます。

⒉ 近隣住民とトラブルになった…

外壁塗装工事は、匂いや騒音など近所に迷惑がかかります。

近所の車や家に塗料がついてしまった…なんてこともあります。

そのため、近隣住民とのトラブルに発展するケースもあるのです。

こうしたトラブルを防ぐためには、工事が始まる前の挨拶回りをしっかりとしておくことが肝心です。

同じ工事であっても、事前に挨拶があるかないかで受ける印象は大きく異なります。

そして、いざ塗装をするため、匂いがする日は重ねて挨拶をしておくと丁寧です。

粗品を用意するのもおすすめです。

⒊ 塗装の仕上がりが期待と違う…

塗装に塗りムラがある…、思っていた色と違う…というように、塗装の完成具合に関するトラブルもあります。

塗りムラがあるような場合は塗り直しをすることになりますが、追加料金が発生します。

丁寧に仕事をやってくれる業者を選べるよう、業者選びに時間をかけるのがおすすめです。

思っていた色と違うのは、面積によって色の見え方が違うせいで起こる現象です。

なるべく大きな状態で確認することをおすすめします。

■まとめ

今回は、外壁塗装工事でよくあるトラブルについてご紹介致しました。

こうしてみてくると、外壁塗装のトラブルは、業者選びを丁寧にし、説明をしっかりと求め、しっかりと説明することによって防げます。

そのため、業者には聞きたいことはなんでも聞いてしまうのがおすすめです。

弊社ホームページの上部にお問い合わせの電話番号とフォームがございます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

外壁塗装業者はどう選べばいい?|千葉にお住いの方は必見

「近所の〇〇さんの家が外壁塗装するみたいよ」
「うちもそろそろかな」

なんて会話をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、外壁塗装に関して自分で情報収集を開始し、

「大体二週間以上はかかるんだな、こんな手順があるのか。外壁塗装に詳しくなってきた。よし、外壁塗装するぞ。」とお考えでしょうか。

そして、その段階において気になるのが外壁塗装業者の選び方ではないでしょうか。今回は、「外壁塗装の業者、どう選べばいい…?」こんな切実な疑問にお答えします。千葉にお住いの方は必見です。

■世間のみなさんは、どう選んでいる…?

外壁塗装業者をどう選べばいいか悩んだ時に、まず参考にすべきなのは、世間の人がどういった基準で業者を選んでいるかです。

2010実施、日経BPコンサルティングのリフォーム経験者へのアンケート調査の結果をご紹介いたします。

第一位は、39.4%をとった価格の透明性でした。価格が高い・安いというのはもちろん重要ですが、その価格がどんな工事によって発生するのかが明確になっているかというのを重視しているようです。

第二位は、説明のわかりやすさ、でした。業者を選ぶ難しさの最大の原因は、業者と依頼者の間の情報量の差です。そのため、説明をしっかりとしてくれ、かつ説明がわかりやすいという点も重要です。

この結果をふまえながら、業者を選ぶポイントについてご紹介致します。

■優良な外壁塗装業者を選ぶ2つのポイント

⒈ 即決しない

失敗例でもっとも多いのが、訪問営業で来た業者の話術に乗せられ、その場で契約してしまったというものです。

訪問営業をするすべての業者が悪徳業者である、とまではいいませんが、悪徳業者の可能性が高いです。

大幅な値引きなどを提示し安く見せるものの、もとの価格が高いだけであったなんてこともあります。注意してください。

⒉ 複数の業者から見積もりを出してもらう

Web上から問い合わせれば見積もりを出してくれる業者は数多くあります。

そのため、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較することは非常に重要です。

先ほども、価格の安さで決めるという話がありましたが、見積書があれば、厳密に価格を比較することが可能です。

そして、不明点は電話などで尋ねれば、説明をしてくれるはずです。

そして、その説明が丁寧か、わかりやすいかどうかも業者を選ぶ基準になります。

■まとめ

今回は、「外壁塗装業者をどう選べばいい…?」という疑問にお答えしました。

複数の業者を価格、姿勢というように、自分の重視する観点を設定した上で比較するのがおすすめです。

弊社もすぐにお見積もりをお出ししますし、丁寧にご説明します。

ホームページ上部の電話番号・メールフォームから、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お住まいの外壁塗装・屋根塗装専門店

株式会社シマテック

free:0120-330-221

 

千葉県木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市・市原市・千葉市など東京都・神奈川県など対応致します。

外壁塗装におすすめな塗料ナノシリコンW|千葉にお住いの方必見

「外壁塗装を考えている。けど、外壁塗装に対しては全然知識がなくて」
と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

外壁塗装の中で最も知っておきたいのが、おすすめの塗料はなにか?ということではないでしょうか。

価格に惹かれて、安かろう悪かろうな塗料をおすすめされたらたまらない、かといって、高くてぼったくられるのも怖い…。業者と依頼者との間に情報量の差があるために生じてしまう問題です。

今回は、そうした悩みを吹き飛ばす可能性を持ったおすすめ塗料をご紹介致します。

その名は、ナノシリコンWです。千葉にお住いの方は必見です。

■ナノシリコンWとは

ナノシリコンWは、ナノテクノロジーによりアクリル成分とシリコン成分をナノスケールで均一に融合させ、シリコン樹脂のポテンシャルを最大限まで引き出す事に成功した外壁用塗料です。

と言われてもよくわかりませんよね。ここでは、非常に優秀なシリコン樹脂塗料であることが理解できれば大丈夫です。

そして、最も気になるのは、ナノシリコンWのどこがすごいの?ということですよね。ナノシリコンWの特徴や強みをご紹介致します。

■ナノシリコンWの特徴

⒈ 超耐久性

塗料で最も重要なのは耐久性ではないでしょうか。外壁塗装は費用が高くつきます。

そのため、塗り直す回数はなるべく少なく済ませたいですよね。

そうしたことを考えれば、高耐久性を兼ね備えた塗料は、一回塗れば長期間持つということなので非常に魅力があります。

そして、ナノシリコンはその極みともいうべき、超耐久性をうたっている塗料です。

ナノシリコンWはナノテクノロジーで裏付けされた塗膜があるため、抜群の耐久性を誇ります。

外壁は日々、風雨や直射日光にさらされることになりますが、ナノシリコンWは酸性雨や紫外線に非常に強いです。

⒉ 優れた仕上がり・耐汚染性

外壁は、もちろん機能性が重要です。

しかし、家の第一印象を左右するのも外壁になります。そのため、塗料の審美性も重要です。

その点、ナノシリコンWの仕上がりは素晴らしいものがあります。

ツヤがあり、高級感のある仕上がりになります。

塗料一つで、家の印象は変わります。塗料の見た目にこだわってみるのもおすすめです。

そして、ナノシリコンWには耐汚染性があります。そのため、高級感があり、優美な見た目の家を長期間維持できます。

■まとめ

今回は、非常におすすめの塗料、ナノシリコンWの特徴についてご紹介いたしました。

弊社にはナノシリコンW、タテイル、ケイセラというようにハイスペックな塗料が数多くございます。

そして弊社とメーカーの保証付きです。安心感もあります。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

千葉県木更津市・君津市・富津市近郊の外壁塗装専門店

株式会社シマテック