2018年07月

ベランダに防水工事って必要?|千葉にお住いの方は必見

ベランダの防水工事について知っている方はあまりいらっしゃらないでしょう。

屋根や外壁の防水工事は比較的有名ですよね。しかし、ベランダこそ防水工事が必要といっても過言ではないのです。

今回は、ベランダの防水工事の必要性と、ベランダの防水工事の種類についてご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■ベランダの防水工事の必要性

ベランダに防水工事なんて必要なの?こんなことを思われた方はいませんか。

結論から言えば、外壁にも防水工事は必要です。なぜなら、ベランダも日々風雨にさらされているからです。

ベランダに防水加工を施さない、またベランダの防水加工が劣化している場合は、下地の内部に雨水が浸入し、たまってしまう恐れがあります。それが積み重なると雨漏りが生じてしまいます。

雨漏りは家の劣化度合いとしてはかなり深刻です。こうした事実からもベランダには防水工事が必要であるといえます。

■ベランダの防水工事の種類

ベランダの防水工事と一口にいっても、非常に様々な種類の防水工事があります。大きく4種類に区分して、ベランダの防水工事についてご紹介致します。

・FRP防水

FRP防水工法は、お風呂でもよく使われている工法です。費用は一般的なベランダのサイズで
10万円ほどです。業者や状況によっては15万円ほどかかる場合もあります。

工期は二日ほどです。そして耐久性は10-13年ほどです。ベランダの防水工事ではもっともメジャーな工法になります。

・ウレタン防水

ウレタン防水もおすすめです。8-10万円ほどの費用で、耐久性は10-13年ほどです。ウレタン防水はコストパフォーマンスに優れた素材です。家の様々な場所に用いられています。

・シート防水

費用が7-9万円ほど、耐久性は12-15年ほどです。防水シートを貼り付けるので、平面で広い場所、すなわち屋上のような場所に向いています。

・アスファルト防水

費用は20万円から30万円ほど、耐久性は15から20年ほどです。高い防水性能を誇る伝統的な工法です。しかし、高温になるため、においを発するというデメリットがあります。

■まとめ

今回は、ベランダの防水工事の必要性と具体的な防水工事の種類についてご紹介致しました。

防水工事は種類も多いですが、家と長くつきあっていくためには絶対に必要な工事になります。そのため、防水工事について検討する時間を十分に確保することをおすすめします。

弊社では防水工事も請け負っております。まずは、サイトの上部からお気軽にお問い合わせくださいませ。お待ちしております。

外壁塗装のおすすめ塗料、ナノシリコンW|千葉の業者がご紹介

「塗料なににしようかな…」
外壁塗装を検討する方にとって避けては通れないもの、それが塗料選び。情報量のあまりの多さに立ちすくんでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は外壁塗装におすすめの塗料、ナノシリコンWについてご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■ナノシリコンWとは

ナノシリコンとは、ナノテクノロジーによってアクリル成分とシリコン成分を融合させ、シリコン樹脂のポテンシャルを最大限まで引き出した塗料のことです。

こう言って見ても、よくわからない方がほとんどだと思います。次に、ナノシリコンWの強みをご紹介致します。

■ナノシリコンWの強み

⒈ 超耐久性

塗膜が、ナノシリコンテクノロジーで裏付けされているので非常に高い耐久性を誇ります。そのため、紫外線や風雨にさらされても大丈夫です。

外壁は、家を外界と切り離してくれる存在です。そのため、強度がなにより重要ですよね。その点、超耐久性を持つナノシリコンWを採用すれば、強度に関して悩むことはなくなります。

⒉ 対汚染性

外壁にとって強度と同じくらい重要なのが、汚れに強いかどうか。外壁は家の第一印象を大きく左右します。

そのため、汚れに強い外壁は、家の第一印象を美しく見せてくれるということができます。そして、ナノシリコンWは強靭でありながら、柔軟性も備えているため、汚れに非常に強いです。

⒊ 防火認定

家にとって、大敵なのが火です。昔から、木造の家が多かった日本では火事による延焼被害が後を絶ちませんでした。

昔に比べ、火事のリスクは減ったとはいえ、まだまだ火事の危険性はあります。そのため、防火性能を備えた塗料には高い価値があります。

その点、ナノシリコンWには防火性能があります。もしもの場合にも助けになってくれる塗料です。

⒋ 悪臭がない

外壁塗装工事をするにあたって、臭いが気になる方も多いのではないでしょうか。化学物質過敏症やシックハウス症候群の方には、健康上の被害が生じる方もいます。

そうした病気を持っていなくても、塗料の匂いを嗅ぐと目まいがする…なんて方もいますよね。その点、ナノシリコンWは水系塗料なので、そうした臭いの心配が無用です。

⒌仕上がりの美しさ

外壁は美観も重要であることは先ほども述べた通りですが、ナノシリコンWの仕上がりは特筆に値します。

ナノシリコンWが持つ高級感のあるツヤは、唯一無二です。塗料で重厚感・高級感を演出してくれる塗料はなかなかありません。

■まとめ

今回は外壁塗装におすすめな塗料である、ナノシリコンWについてご紹介致しました。

弊社ではナノシリコンWを取り扱っております。安心の保証もついています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

外壁塗装業者はどう選べばいい?業者を選ぶ基準について千葉の業者が解説します!

「外壁塗装しないとな…ちょこちょこひび割れもある気がするし…」
触ると白い粉がつく(チョーキング現象)、ひび割れている、こうしたサインを見つけて、外壁塗装を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、どの外壁塗装業者に頼めばいいのかわからない…そんな方も多いのですよね。実際、外壁塗装への需要の多さを反映して、外壁塗装業者の数も非常に多くなっています。

そして、その中には、優良業者がいる一方で、悪徳業者もいます。

今回は、外壁塗装業者をどう選べばいい…?と悩んでいる方に向けて、外壁塗装業者を選ぶ基準をいくつかご紹介致します。

■外壁塗装業者を選ぶ基準

⒈ 資格があるかどうか

まず、業者を選ぶにあたっては、資格があるかどうかを気にしましょう。医師免許を持っていない医者に手術してもらうのは嫌ですよね。外壁塗装業者にも同じことがいえます。

では、外壁塗装業者が持っていると安心できる資格にはどんなものがあるのでしょうか。資格には、建築士・雨漏り診断士・外装劣化診断士というような資格があります。

もっとも、こうした資格は、持っていないと外壁の診断をしてはならない、とうものではありません。そのため、営業マンが外壁の状態についてとやかくいうことは問題ありません。

そのため資格の有無はウェブサイトや契約書類を通してご自分で確認されることが重要です。

⒉ 見積もり書の内容と対応の質

業者を選ぶにあたって、見積もりをまずとりますよね。その際、見積書は見ていてもわからない項目がたくさんあると思います。そうした点については、積極的に業者に質問しましょう。

その際の業者の対応によって業者の質を判断することが可能です。しっかりと丁寧に説明してくれる業者は優良業者である可能性が高いです。その逆である場合は、見積書を詮索されるとなにか不都合な事情があると見たほうが良いでしょう。

見積もり書の内容ついて、最低限気にするべきなのは、塗料のメーカー名・商品名・施工面積・必要缶数、この4点です。最低限必要な情報なので、この情報すらかけているような企業には頼まないのがおすすめです。

また、見積書を出してもらうと、数字、特に価格に気をとられる方が多いことと思います。しかし、価格と同じくらい気にするべきなのが耐用年数です。どんなに安くても安物買いの銭失いでは仕方がありません。

■まとめ

今回は、外壁塗装業者をどう選べばいいか悩んでいる方向けに、外壁塗装業者を選ぶ基準についてご紹介致しました。参考にしてみてはいかがでしょうか。

屋根塗装の手順ってどんな感じ?|千葉の業者がお答えします!

「久々に屋根を見てみたらかなりボロボロになってたよ…」
「屋根の塗り替えってまだ一回もしてないよな?そろそろかな…」

というように、屋根塗装を検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、屋根塗装は外壁塗装に比べると、知名度も下がり、具体的にどんな工程で進んでいくのかわからない…なんて方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな屋根塗装の手順をご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■屋根塗装の手順

⒈ 足場の設置

高所での作業になるため、足場を設置します。しかし、屋根のかたむきが緩やかな場合は、足場を設置せずに工事行うことがあります。

屋根塗装における作業は危険が伴うので、雨の日の作業になるような場合は注意が必要です。夏場、暑さが厳しいような日も熱中症に注意が必要です。

⒉ 高圧洗浄

次に、高圧洗浄を行います。高圧洗浄は、外壁塗装において行われることが一般的ですが、屋根塗装ではその重要性がさらに増します。

なぜなら、屋根の上は、外壁よりも汚れやすいからです。外壁の汚れは家を出るたびに目につきますが、屋根の汚れはなかなか気づきません。

そのため屋根塗装をする段階になって、屋根の上に苔や藻が繁殖している場合も多いようです。
高圧洗浄でもとれないような場合は、薬品を使用するケースもあります。

⒊ タスペーサー

昔は、縁切りと呼ばれていた作業です。物騒な話ではありません。屋根には、雨水が流れるように隙間があいているのですが、塗装をしているうちにその隙間が埋まってしまいます。そして、その隙間に沿って切り込みを入れることで隙間を確保する作業が縁切りです。

しかし、縁切りはかなりの手間がかかるので、いまでは、事前にタスペーサーという道具を隙間に差しこんだ上で塗装をする場合が多いようです。

⒋下塗り

シーラーと呼ばれる下塗り専用塗料を用いて行うのが下塗り作業です。

⒌ 上塗り

仕上げの塗料は二回塗ることが多いです。その一回目を上塗り1回目、二回目を上塗り2回目と表現します。一回目の仕上げ塗りは、中塗りと表現されることもあります。

ここで二回塗ることが、屋根塗装の強度や持ちに大きく関わってきます。しかし、業者の中には、中塗りをしていないのに、中塗りをしたと嘘をつく業者もあります。

中塗りの日が工程表の中にしっかりと確保されているのか確認しておくのがおすすめです。

■まとめ

今回は、屋根塗装の手順についてご紹介致しました。参考にしてみてはいかがでしょうか。

雨の日に外壁塗装ってできる?|千葉の業者がお答えします!

「雨の日って外壁塗装工事ってできるんかなぁ」
工程表と天気予報を見比べて一言。雨の日の外壁塗装工事は気をつけるべきポイントが非常にたくさんあります。

今回は、雨の日の外壁塗装工事について知っておきたいことをまとめました。千葉にお住いの方は必見です。

■外壁塗装工事に適した天気は?

工事に適した天気は晴れで湿度が低い状態です。すなわち、スカッと晴れたような日に、外壁塗装工事をするのがおすすめです。

そのため、雨の日に外壁塗装工事をするのはおすすめできないということです。しかし、雨の日に外壁塗装工事をしてはいけないとまでいえるのでしょうか。

そこにはどんな理由があるのでしょうか。

答えは単純明快です。まず、雨の日に、外で絵を描くことを考えてみてください。雨で絵の具が流れていくことが容易に想像できるのではないでしょうか。

外壁塗装工事も同じことであり、塗料が雨で流れていってしまいます。そして、塗料が乾かないと次の工程に移れない外壁塗装工事において、これは致命的なのです。

■雨の日に外壁塗装をするとどうなる…?

雨の日に外壁塗装をすると、先ほども述べた、塗料が乾かない・流れてしまうという事態の他にも様々な問題を引き起こすリスクがあります。

まず、塗料の一部が流れてしまうリスクがあります。流れたのが少しなら大丈夫では?と考える方もいらっしゃるかと思います。

しかし、塗料の性能は、その質だけではなく量によっても変わります。つまり、塗った厚さによっても塗装の強度は変わってくるのです。

次に、塗膜が剥がれたり、ひび割れが起こるリスクがあります。乾かないうちに塗り重ねると、こうした状態に陥りやすいようです。せっかく、外壁塗装をするなら長持ちしてほしいですよね。

最後に見た目が悪くなる、というリスクがあります。これまでは機能性について見てきましたが、家の第一印象を左右する外壁は美観も重要です。

そして、雨の日に外壁塗装をされると美観を損います。具体的には、雨粒のあとが残ってしまうような場合があります。

■雨の日に工事を断行する業者

雨の日であっても、工事を断行する業者もあります。しかし、そうした業者は伸びる工期とそれに伴い、増える人件費を節約するため、無理に行っている場合が多いようです。

そうした業者には頼まないのが無難かもしれません。

■まとめ

今回は、雨の日の外壁塗装についてご紹介致しました。雨の日にする外壁塗装は上述のように多くのリスクがあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。

弊社で扱う塗料の中には、速乾性を備えているものもあります。そのため、天気の合間をぬって着実に工事をすることが可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

ハイスペック塗料ケイセラ とは・ケイセラ の特徴|千葉にお住いの方必見

「塗料なににしようかな…」
外壁塗装はやはりどの業者に頼むかが重要です。

しかし、それと同じくらい重要になってくるのがどんな塗料を選択するかです。どんなに優れた塗料であっても、自分の目的と合っていなければ意味がありません。

今回は、家を補強したい方、今住んでいる家に長く住みたいと考えている方に特におすすめできる塗料、「ケイセラ」 をご紹介致します。

多くの方にとっては聞きなれない言葉かと思います。本記事では丁寧に説明いたしますので千葉にお住まいの方は必見です。

■ケイセラとは

ケイセラとは、オルガノポリシロキサンを成分とする無機塗料のことです。

非常にハイスペックな塗料であることで知られています。プレマテックス株式会社によって生み出されました。

■ケイセラの特徴

⒈ 天候に強い

ケイセラの成分であるオルガノポリシロキサンは非常に紫外線に強いことで定評のある原料です。そのため、ケイセラも紫外線に非常に強いです。

外壁は、日々、太陽光や風雨にさらされています。太陽光に含まれる紫外線による劣化は、外壁にとって避けては通れない問題です。

しかし、ケイセラ であれば紫外線による劣化を極限まで抑えることができます。

⒉ 耐久性

外壁塗装は、一回しておけばずっと持つようなものではありません。そのため、塗料の耐久性と塗り替えの回数も気にするべきポイントです。

一回の外壁塗装の塗り替えには比較的大きな費用がかかります。そして、一般的な塗料の耐久年は10年から20年となっています。そのため、同じ家に40年ほど住むことを考えると、最低でも二回は塗り替えがあることになります。

その点、ケイセラの耐久年数は、30年ほどなので、一回塗り替えれば大丈夫です。一回が高くついても、回数が少なくて済むため、長く使えば使うほどお得になります。

⒊ 藻やカビが発生しにくい

外観にとっての大敵は、藻やカビです。特に日当たりの悪い側面では発生しやすいことで知られています。しかし、ケイセラには、有機塗料だけでなく、無機塗料も配合されているため、カビや藻が発生しにくいです。

カビや藻は、建物の見た目を損なってしまうだけでなく、機能性も損なわれます。また、カビが外壁内部で発生してしまうと雨漏りすることがあります。

⒋ 美しい仕上がり

ケイセラの特徴には、仕上がりの美しさもあります。外壁は家の第一印象を決定するといっても過言ではありません。

そのため、機能性と同じぐらい見た目も重要です。見た目を理由にケイセラ を選ぶのもおすすめです。

■まとめ

今回はハイスペック塗料ケイセラの特徴を4つご紹介致しました。

ハイスペック塗料ケイセラは弊社でも多数取り扱っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

シーリングの寿命の見分け方|千葉の業者がご紹介

「シーリングってなに?」
「シーリングの交換が必要って言われたけどどういうこと?」
外壁塗装工事と聞くとまず塗料を想像されるかもしれません。

塗装工事の重要な工程にシーリング(コーキング)という作業があります。

今回は、シーリングをなんのためにするのか、どういう作業なのかを解説し、シーリングの寿命の見分け方についてご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■シーリングとは

そもそもシーリングとはなんなのでしょうか。シーリングとは、和製英語にもなっているシールと同語源です。

今でこそシールには署名的なニュアンスがありますが、もとは、なにかにふたをする、密閉するためのものです。そのため、シーリングとは、まさに密閉することだといえます。

具体的には、水密性・気密性を目的として、目地や隙間に合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填すること、それがシーリングです。コーキングともいいます。

■シーリングの寿命

そもそも、外壁塗装とひとくくりにせず、シーリングの寿命だけ取り上げられることに違和感を覚えた方もいるのではないでしょうか。それは、外壁材や塗料とシーリングでは寿命が異なり、両者を区別して考える必要があるためです。

実際、シーリングの寿命は、5-10年ほどになります。そして、打ち替え時期はだいたい10年ほどです。塗料にもよりますが、結構寿命が早いことにびっくりした方も多いのではないでしょうか。

そのため、シーリングだけやり直す必要がある、なんてことも起きるのです。

■シーリングの寿命の見分け方

そんなシーリングの寿命の見分け方にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。シーリングの寿命の見分け方をいくつかご紹介致します。

まず、ひび割れがあります。シーリングにひびが入ることがあります。シーリングの目的は密閉することにある、というのは先ほどお伝えした通りです。そのため、ひび割れの重大性がお判りいただけるかと思います。

他にも、シーリングが真っ二つになってしまう破断や、とれてしまう欠落もあります。シーリング自体には問題がなくても、何らかの要因で、外壁材とシーリング材との間に隙間ができてしまうこともあります。

■まとめ

今回は、シーリングの寿命の見分け方についてご紹介致しました。シーリングは、外壁の強度を大きく左右するといっても過言ではないほど重要です。

そして、シーリングの強度は、業者の行う工事によって大きく影響をします。

弊社では、丁寧なシーリングを売りにしています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

住宅の外壁塗装・屋根塗装専門店

株式会社シマテック

千葉県富津市西大和田127

TEL:0439-29-6193

FAX:0439-29-6194

free:0120-330-221

mail:info@simatech.jp

施工範囲は主に千葉県木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦など

千葉県全域可能、その他神奈川県・東京都

外壁塗装するなら近所挨拶が必要である理由と注意点|千葉にお住いの方必見

「外壁塗装するんだけど、近所に挨拶ってしなきゃいけないのかな…」
「近所への挨拶が必要なのはわかるけど、どんなことを伝えなければいけないのかな…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、外壁塗装をするなら、近所への挨拶が必要な理由と、挨拶するにあたって気をつけたいポイントについていくつかご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■外壁塗装をするなら近所挨拶が必要な理由

それは、外壁塗装工事が近所迷惑となり、近所の方々との不和を招いてしまうことを避けるためです。

例えば、騒音があります。外壁塗装工事は、なにか重機を使って行うわけではありません。しかし、外壁塗装工事ではどうしても音が出てしまいます。これを騒音と取られることもあります。

また、悪臭があります。外壁塗装ではその名の通り、塗料を使用します。そのため、塗料特有の化学物質的な臭いは悪臭ととられかねません。近所の方のなかに、シックハウス症候群や、化学物質過敏症の人がいた場合、健康的被害を生じさせてしまうこともあります。

最後に、プライバシーの問題があります。外壁塗装工事では足場を組んで、高いところで作業します。そのため、高いところに登った時に、隣家の様子が見えてしまう可能性があります。事前に伝えておけば、カーテンを閉めたり、シートを貼れば防げる問題です。

このように、事前に工事をする旨を伝えておかないと、様々な問題の火種となってしまう恐れがあります。近所で何も伝えられていないのに、急に工事が始まることを考えてみてください。自分の隣の家で突然工事が始まって好意的に捉えられる方はなかなかいらっしゃらないでしょう。

■外壁塗装の近所挨拶の注意点

⒈ いつ伝えるか

外壁塗装の近所挨拶は、1週間前ほどから始めるのが一般的なようです。もっとも、その日と決めていっても留守の可能性もあります。それ以上に余裕を持った日程で伺ってもいいかもしれません。

⒉ 何を持っていくか

外壁塗装工事の挨拶を行うときは何を持っていくのが一般的なのでしょうか。そもそも、なにか持っていく必要はあるのでしょうか。
結論から言えば、手土産を持参されることをおすすめします。

手土産を渡されて嫌な気持ちになるかたはいませんよね。迷惑をかけることを詫びにいくのですから、手土産は持参した方がいいでしょう。
この時、品物が高価過ぎると気を使わせてしまうので、500円ほどのものがおすすめです。石鹸やタオルが多いですね。

⒊ どこにいくか

最低条件としては、向こう三軒両隣と裏三軒と言われています。もっとも、工事の規模により変動はします。あくまで、目安です。

■まとめ

今回は、外壁塗装をするなら近所挨拶が必要な理由と、近所挨拶の注意点をご紹介致しました。参考にしてみてはいかがでしょうか。

外壁塗装でよくあるトラブル3選|千葉の業者がご紹介

「え、こんな高いんですか…?」
「契約書に書いてあります。」
「全然説明してくれなかったですよね…」
「契約書にある通りです」
なんて経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。他にも、

「なんかすごい臭いするんだけど…」
「外壁塗装の工事をやってまして」
「聞いてないけど…」
このように、外壁塗装工事は様々なトラブルの原因になります。

今回は、外壁塗装工事を原因として起こる、よくあるトラブルをいくつかご紹介致します。

■外壁塗装工事でよくあるトラブル

⒈ 近所の方から苦情を受ける

外壁塗装工事が原因となって、近所の方から苦情を受けることがあります。例えば、騒音があります。重機を使用しないとはいえ、足場を組む際には作業の節々で音がなります。工事をする以上仕方ないのですが、苦情の原因となります。

他にも悪臭があります。外壁塗装では塗料を用いるので、化学物質系の強烈な臭いがします。
これを防ぐため、工事前の挨拶回りをしっかりとやっておくことが重要です。

いきなり始まったら許せない工事も、事前に一言あったら許せる、そんな方も多いです。手土産でも持って挨拶回りをしっかりと行いましょう。

⒉ 塗料が人や建物についてしまった

ごく稀なケースですが、こんなことも起こり得ます。まず、丁寧な工事を行うことでそのリスクを低減することが可能です。そして、下準備のときの養生を丹念にしておけば、付近に飛散することはほとんどなくなります。

しかし、そうした対策を施してもおきてしまった場合は、工事保険等で対応することになります。保険に関しても業者と相談しておくのがおすすめです。

⒊ 追加費用を請求された

金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあります。最も揉めやすいのがこの問題です。初めは安くても工事が終わったあと請求された金額が予想以上に高額であった…というようなケースです。

対策としては、現地調査に立ち会うことが挙げられます。事前に、ここは工事が必要ではありませんね、というように確認しておくのがおすすめです。追加料金は発生する可能性があるのかを聞いておくことをおすすめします。

■まとめ

今回は、外壁塗装工事でよくあるトラブルについて3つご紹介致しました。上記のように、外壁塗装工事にはトラブルがつきものです。それを防ぐためには、いずれにせよ、業者と密に連携することが重要になってきます。

弊社では、お客様のすべての疑問が解消されるまで徹底的にお付き合いいたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

外壁塗装すべきタイミングの見分け方|千葉の業者がご紹介

「恋愛、就職…人生の節目節目で重要になってくるもの、それがタイミングです。」
それは外壁塗装でも同じ。特に外壁塗装は、一回が高額な費用になります。

そのため、タイミングを見誤るのだけは避けたい、と考えている方も非常に多いのではないでしょうか。また、かつて塗装に失敗したような経験があるならなおさら気がかりになるポイントですよね。

そこで、今回は、外壁塗装をすべきタイミングの見分け方について、3つご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■外壁塗装をすべきタイミングの見分け方3選

では、外壁塗装をすべきタイミングの見分け方にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はいくつかご紹介致します。

⒈ 何年経過しているか

まず、外壁を最後に塗り替えてから、何年が経過しているかを確認するのがおすすめです。数字はもっともわかりやすく、タイミングを見分ける指標となってくれます。

そこで基準にするべきは5年という数字です。外壁塗装を行った職人の技術や、外壁塗装に用いた塗料によっても異なりますが、大なり小なり、5年が経過すると劣化している場合が多いようです。

⒉ 壁を触ると白い粉が付着する

これはチョーキングという現象になります。外壁塗装の膜が壊れてしまっている状態です。外壁は建物の見栄えを良くすること以外にも、水や紫外線に対する耐久性が重要です。

チョーキング現象が起きている外壁はそうした役割を果たせなくなっていることが多いです。壁に触ると、ちょっと白い粉がつく…ぐらいならあまり気にする必要はありませんが、壁を触ると手全体に白い粉がついてしまうような場合は、早急に外壁塗装をする必要があるとえいます。

⒊ 壁に亀裂・ひび割れがある

このように目に見える傷が外壁に生じている場合は早急に外壁塗装を行うのがおすすめです。ひび割れ・亀裂が小さいものであれば、外壁塗装の緊急性自体は低いです。

しかし、一度ひび割れが生じると、そこから水が入り、壁内部が腐ってしまうようなケースもあります。結局のところ、ひび割れを見つけたら、外壁塗装を検討された方が良いでしょう。

■まとめ

今回は、外壁塗装をすべきタイミング見分け方について3つご紹介致しました。外壁塗装をすべきタイミングを見分けるのは非常に難しいですが、そのサインはいくつかあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。

塗り直すの大変だな…と思った方はいませんか。そんな方は、高品質・高耐久性の塗料を多数取りそろえた弊社まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。