2018年11月

塗装には何日くらいの期間が必要?|千葉で外壁塗装をするなら

「外壁塗装にはどのくらいの期間がかかるのか知りたい」
「必要な期間を知って、スケジュールを合わせたい」

外壁塗装を検討されている方の中には、外壁塗装の期間ついて上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
外壁塗装には、実施に外壁を塗装する作業の他にも様々な作業があり、それぞれの作業におおよその期間が決まっています。
今回は外壁塗装を行う際に必要となる期間についてご紹介します。

□外壁塗装にはどのくらいの期間が必要?

外壁塗装にはどのくらいの期間が必要になるのでしょうか?それぞれの工程に分けてご紹介していきます。

*ご近所への挨拶(1日間)

まず、外壁の塗装工事は人の往来も多くなり、小さな子どもがいる地域では危険が多くなります。
また多少なりとも騒音が増えますので、ご近所のトラブルを防ぐためにも、工事前にご近所の方に挨拶をしておきましょう。

*足場の設置(1日間)

ご近所の挨拶が終われば、次は安全に効率よく作業するために家の周りをぐるりと囲む形で仮設の足場を組んでいきます。

*外壁の洗浄・乾燥(3〜4日間)

外壁の塗装工事をするにあたり、まずは外壁を綺麗に洗浄していきます。
外壁が高圧の水に弱い素材ではない限り、高圧での洗浄を行うべきでしょう。
また、洗浄後に外壁を乾燥させていきます。

*下地の調整(1日間)

洗浄作業や乾燥作業が完了した後、ひび割れ等を修復していきます。

*養生(1日間)

下地の調節が終われば、塗料が付着して欲しくない部分、例えば窓枠や玄関などにシートをかけていきます。

*外壁塗装(3日間)

外壁塗装は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の三段階に分かれており、乾燥する時間を設け、3日間ほどかけて、外壁の塗装を行っていきます。

*付帯部塗装(1日間)

外壁塗装が終われば、外壁以外の部分の塗装も併せて行っていきます。

*確認作業(1日間)

塗料が乾燥すれば、業者による確認と依頼主による確認を行います。

*足場の解体・清掃(1日間)

確認したのち、問題がなければ、足場を解体し、清掃します。

□日程確認で問題を未然に防ぐ

外壁塗装は2週間ほどの期間が必要になる作業です。
もし天候不良が続けば1ヶ月以上の期間が必要になる場合もあります。
日程を確認することで、それぞれの工程がしっかりと行われているかを判断することが可能です。
時々工事現場を確認し、正しい流れで工程が行われているか確認しましょう。
以上、今回は外壁塗装を行う際に必要となる期間についてご紹介しました。

しつこい営業の上手な断り方とは?|千葉で外壁塗装をするなら

「外壁塗装業者からしつこく営業されて困る」「訪問営業をうまく断る方法が知りたい」

上記のような外壁塗装に関するしつこい営業にお困りの方も多いのではないでしょうか?
最近では、訪問営業で強引に契約をさせられて、高額な費用を請求されるという事例や、必要のない工事を迫れたという事例が多くなっています。
今回は、そういった悪徳業者の被害に合わないためにも、しつこい営業の上手な断り方をご紹介します。

□しつこい営業の断り方


しつこい営業の断り方には5つのポイントがあります。

*原則として、家にあげない


まず第一に、訪問営業の際は、家にあげないようにすることが原則です。
家にあげてしまった場合、強引に言い寄ってきたり、契約を結ぶまで居座ったりと、無理にでも契約を結ばせようとします。
そのため、できるだけインターホン越しで対応し、玄関で対応しないようにしましょう。
また、万が一ドアを開けてしまった場合、玄関に上がられないように注意しましょう。

*「会社名」と「用件」を聞く


悪徳な業者の場合、会社名や用件をいうことを嫌います。
そのため、訪問営業や電話営業の際は、会社名と用件を聞きましょう。
その上で、「再度検討してから連絡します」と一度断り、会社名からインターネットで評判を調べます。
悪徳業者の場合は被害の声が見つかるためです。
また、「再度連絡します」と断れば、善良な業者であれば快く引き下がってくれるので、引き下がらないようであれば注意が必要です。

*「必要ありません」と短くきっぱり断る


「結構です」といったOKともダメとも解釈されるような曖昧を表現を使うと、そこにつけ込まれます。
また、はっきりとした態度で接しないと迫られますので、きっぱりと「必要ありません」と断りましょう。

*その場で契約しない


もし善良な業者だと思っても、その場で契約しないことが重要です。
値引きを提示されてもまずは断りましょう。
インターネットで費用の相場を確認し、会社の評判を確認してから再度連絡すると悪徳な被害にあう可能性が低くなります。

*最終手段は「警察に連絡します」


しつこい営業を断る際の最終手段は「警察に連絡します」と言うことです。
どうしてもしつこく営業をしてきて、玄関から立ち退いてくれない場合に非常に有効です。

□きっぱりとはっきりとした態度で


今回は、悪徳業者の被害に合わないためにも、しつこい営業の上手な断り方をご紹介しました。
営業を断るときは、きっぱりとした態度で断ることが重要です。
もししつこい営業でお困りの場合は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

ご近所さんへの挨拶はなぜ必要?|千葉で外壁塗装をお考えの方へ

「外壁工事を開始する前に、ご近所さんに挨拶をしたほうがいいのだろうか」
「業者が挨拶周りを行ってくれるのだろうか」

外壁塗装を検討されている方の中には、このように不安に感じている方も多いのではないでしょうか?
外壁塗装では、工事を開始する前にご近所さんへの挨拶回りをすることが一般的になっています。
ではなぜ、挨拶回りが必要になるようでしょうか?
今回は、外壁塗装の工事の前に、ご近所さんへの挨拶回りはなぜ必要なのか、ご紹介します。

□ご近所さんへの挨拶が必要な3つの理由


ご近所さんへの挨拶が必要な理由は3つあります。

*人の往来と車の往来が多くなる


まず第一に、工事が始まることで、人と車の往来が多くなるからです。
近所で見知らない工事の関係者が急に多くなると不安になりますよね。
また、必要になる資材や機材を運ぼうとすれば、その分車の往来が増えます。
そのため、今まで以上に物音も大きくなりますし、もし、子どもの多い地域なら、車の往来が増えるだけで、事故の危険性が増しています。
人の行き来と車の行き来が増加するため、近所に住んでいる方への挨拶回りを事前に行うことが必要になるのです。

*ニオイが発生して迷惑になる


塗料がシンナー系の溶剤によるものであれば塗装した際に、独特の臭いが発生します。
その臭いが洗濯物につく場合もあり、実際に「工事のせいで、洗濯物が干せなくなった」という苦情を受けてしまう可能性があります。
塗装を依頼する際は、できるだけ水溶系の塗料を使用してもらうよう業者に依頼し、事前に挨拶回りを行うことが、トラブルを防ぐ上でも重要です。

*主なぬ事故でご近所に迷惑がかかる


人の往来が増えることや、車の往来が増えることで、思わぬ事故につながる可能性が高くなります。
また、悪徳な業者に依頼した場合、工事中に盗難が起こってしまうなどの被害も起こる可能性があります。
そのため、思わぬ事故への注意喚起も含めて、ご近所さんへの挨拶回りが必要になるのです。

□ご近所挨拶でトラブルを未然に防ぐ


ご近所さんへの挨拶回りを行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。
外壁塗装を依頼する場合は、ご近所さんへの挨拶回りを行ってもらえるよう依頼して、水溶系塗料を使用してもらうよう依頼することをおすすめします。
外壁塗装を依頼される際はぜひ、この記事の内容を参考にしてみてください。
今回は、外壁塗装の工事の前に、ご近所さんへの挨拶回りはなぜ必要なのかをご紹介しました。

新塗料「タテイル 」とは?その特徴を紹介|千葉で外壁塗装をするなら

外壁塗装を検討されている方の中には、
「どういった塗料を選べばいいのかわかない」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
最近では、今までになかったような機能性を持つ、新しい塗料が次々と誕生しています。
従来の塗料とともに、高機能な塗料についても検討してみてはいかがでしょうか?
今回は、塗料を検討している方におすすめな「タテイル」と言う新しい塗料についてご紹介します。

□新塗料「タテイル」とは?

新塗料「タテイル」は、「塗るタイル」というコンセプトで開発された塗料です。
従来の塗料にはなかった非常に高い耐久性と、タイルのような美しい仕上がりが大きな魅力です。

□新塗料「タテイル」の特徴

新塗料「タテイル」には様々な特徴があります。
「タテイル」の主な特徴の4つのポイントをご紹介していきます。

*高い耐久性


前述のように「タテイル」では、従来の塗料にはなかったような高い耐久性をもっています。
これは、紫外線の影響を受けにくいという特徴や、温度変化・湿度変化の影響を受けにくいという性質からきています。
「タテイル」を使用することで、今まで以上に住宅環境が快適になることでしょう。
「タテイル」では、一般的に用いられるウレタン系塗料の5倍、シリコン系塗料の3倍もの耐久性があります。

*汚れ防止性能


塗料の表面が水となじみやすい性質をもっているため、表面に汚れが付着しても雨水によって流れてしまいます。
そのため、こまめなメンテナンスを施さなくても、綺麗な状態を維持できるという特徴があります。
この汚れ防止機能によって自然に汚れが流され、綺麗な状態を長く維持することができます。

*断熱効果や遮熱効果も


標準の「タテイル」に加工を施すことで、断熱効果や遮熱効果を加えることも可能です。
断熱効果・遮熱効果が備わることで、太陽光による住宅の過剰な温度上昇を防ぐことができ、「夏は涼しく、冬は暖かい」住宅の実現に繋がります。

*タイルのような美しい仕上がり


「塗るタイル」というコンセプトにあるように、「タテイル」の仕上がりはタイルのようにツヤツヤとした美しいものとなっています。
美しい仕上がりや表面のツヤツヤとした質感が欲しいという方にはおすすめの塗料です。

□「タテイル」でより機能的で快適な住宅へ

今回は、塗料を検討している方におすすめな「タテイル」と言う新しい塗料についてご紹介しました。
最近では、従来の塗料に比べるとかなり機能的な塗料が多く発明されています。
高機能な塗料で、より快適な住宅環境を実現してみてはいかがでしょうか?
塗料選びの際は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

外壁のひびを放置するとどんな問題が?|千葉で外壁塗装をするなら

「外壁のひび割れが気になるけど、そのまま放置してしまっている」
「ひび割れを放置していると、どんな問題が起こるのか知っておきたい」

外壁のひび割れを気にされている方の中には、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
外壁のひび割れを放置していると様々な問題が生じてしまいます。
どのような問題が生じるのかを理解して、「今塗り替えが必要なのか」を検討してきましょう。
今回は、外壁のヒビを放置するとどのような問題が生じるのかをご紹介します。

□ひびを放置すると起こる5つの問題

外壁のヒビを放置するとどのような問題が生じるのでしょうか?
主に発生する5つの問題をご紹介していきます。

*雨漏りが派生する

雨漏りが屋根からだけでなく、壁からも発生することをご存知でしょうか?
外壁のひび割れを放置することで、ひび割れから雨水が内部に侵入し、雨漏りが発生する可能性があります。
また、外壁に雨水が侵入することは、さらなる問題にも繋がっていきます。

*ひび割れが拡大する

外壁のひび割れを放置することで、さらなるひび割れの発生や、ひび割れの拡大が発生します。
ひび割れの数が多くなればなるほど、ひび割れが大きくなればなるほど、外壁の塗装への影響・外壁への影響は大きくなります。

*外壁塗装のハガレにつながる

外壁に生じたひび割れは、外壁塗装の浮きやハガレにつながります。
ひび割れだけでなく、外壁塗装の浮きやハガレが発生すると、外観が著しく損なわれます。

*外壁の腐食が進む

ひび割れがさらなるひび割れや拡大を呼び、ハガレや浮きが生じてしまう中で、外壁は侵入した雨水によってどんどんと腐食していきます。
外壁の腐食が進むことでさらなるひび割れや外壁塗装では修理できないほどのさらなる被害にもつながる可能性があります。

*外壁の倒壊が起こる

外壁の腐食が進んでいき、悪化すると、地震や台風などの自然災害が引き金となり、外壁の倒壊が生じてしまいます。
倒壊してしまった場合、雨水の侵入が深刻化し、風を防ぐこともできなくなります。
また、修理にも時間を要してしまいますので、倒壊が生じてしまう前に手を打つことが大切です。

□こまめなメンテナンスで長く安心

上記のような問題は、こまめなメンテナンスを行うことで未然に防ぐことができます。
ひび割れを放置して、さらなるひび割れや外壁の腐食に繋がらないように、頻繁にメンテナンスを行いましょう。
今回は、外壁のヒビを放置するとどのような問題が生じるのかをご紹介しました。

ベランダには防水工事が必要?|千葉で外壁塗装をお考えの方へ

「ベランダの防水のための工事って本当に必要なの?」
「防水工事を行うとどのようなメリットがあるのか知っておきたい」

このように感じている方も多いのではないでしょうか?
塗装工事と合わせて、防水のための工事を行うことも多くなっています。
今回は、防水工事を行うことにどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

□ベランダには防水のための工事が本当に必要なの?

ベランダは住宅の中でも雨水の影響を受けやすい箇所となっています。
そのため、ベランダ自体の防水機能が低い場合、劣化が進行してしまったり、住宅自体にも被害が拡大するなど、様々な問題が生じてしまいます。
ですので、防水のための工事は必要になるのです。

□防水工事を行う3つのメリット

*劣化を防止することができる

防水のための工事は、ベランダの劣化を防ぐということに繋がります。
上述の通り、ベランダは雨水の影響を非常に受けやすい箇所です。
そのため、防水工事を施すことで、雨水の影響を受けにくくなり、劣化を防ぐことができます。

防水工事を怠ることで、「水たまりの発生」「ひび割れの発生」「ハガレ・フクレ」といった被害に繋がります。

・水たまり
雨水が排水される仕組みが整っていなかったり、表面の水はけが悪い場合に起こります。

・ひび割れ
表面の塗装の劣化が進んでいる場合、ひび割れが生じてしまう可能性があります。
ひび割れから雨水が侵入することでさらなる劣化に繋がります。

・ハガレ・フクレ
ベランダの塗装が古くなることで、ハガレ・フクレが生じてしまいます。

*ベランダからの雨水の侵入を防ぐことができる

また、ベランダの防水工事を行うことで、ベランダからの住居への雨水の侵入を防ぐことができます。
外壁からだけではなく、ベランダからも大量の雨水が住宅の中へと侵入する可能性があります。
大量の雨水が住居に侵入した場合、外壁の劣化や雨漏りの原因となります。
外壁の劣化を防ぐ上でも、雨漏りを防ぐ上でも、ベランダの防水工事は非常に重要です。

□外壁塗装と一緒にベランダの防水工事を

ベランダの防水工事は、外壁塗装と一緒に行うことで、単体で行う場合よりも料金が割安になることが多いことをご存知でしょうか?
もし、外壁塗装を検討されいる場合は、塗装工事の依頼と一緒にベランダの防水のための工事も行ってしまうことをおすすめします。
今回は、ベランダの防水のための工事に、どのようなメリットがあるかをご紹介しました。

塗り替え時期はいつがいい?おすすめの季節とは|千葉で外壁塗装をお考えの方へ

外壁塗装を検討されている方の中には、
「いつ塗り替えを行えばいいのかわからない」
「適切な塗り替え時期が知りたい」
とお考えの方も多いのではないでしょうか?
適切な塗り替え時期には、季節も大きく関係してきます。
今回は、どういった季節に塗り替えをすればいいのかご紹介します。

□塗り替え時期におすすめな季節とは?

*寒い時期は不適切?

寒い季節は、塗料が乾燥しにくいため、塗り替えを行いづらい季節です。
また、雪が降ったり、霜が降りたりする場合、うまく塗料が乾燥せずに施工不良につながる可能性があります。
また寒さが厳しいことで職人の手仕事に支障が出ることも考えられます。
ですので、冬の季節はなるべく避ける方が良いでしょう。
ただし、乾燥しづらいということですので、絶対にできないというわけではありません。

*暖かければいいという訳ではない

とはいえ、暖かければいいというわけでもありません。
寒いよりも暖かいほうが乾燥しやすいということはありますが、逆に暑すぎることで、急激に乾燥してしまい、ひび割れが生じてしまう場合があります。
また、長時間の作業に支障が出る場合がありますので、猛暑が続く時期には、外壁塗装を避けるほうがいいでしょう。

*梅雨は避ける

外壁塗装中に雨が降った場合、塗装作業を中止する必要があります。
これは、雨水によって塗料が薄まってしまったり、乾燥がうまくいかなかったりするためです。
ですので、雨が続く梅雨の季節には、外壁塗装を行わない方がいいでしょう。
ただ、全く作業ができないというわけではなく、雨の日でも塗装作業以外の作業を行うことができますので、雨が降っても作業を続けることができます。

*3月ごろから5月まで

上記のような理由から、外壁塗装では、3月〜5月が行いやすい季節となっています。
春先から梅雨までの季節は、気温も比較的高く、晴れの日も多いので外壁塗装の施工が多くなっています。
また同時に、繁忙期でもありますので、少しだけ時期をずらすという選択肢もあります。

□非常事態の場合は迅速なメンテナンスを

もし、非常事態で今すぐ塗り替えをしたいという場合は、季節にとらわれることなく外壁塗装を依頼しましょう。
速やかな外壁塗装が、壁のひび割れなどの被害を防ぐことに繋がります。
こまめなメンテナンスと迅速な対応で長く綺麗な外壁を保ちましょう。
今回は、どういった季節に塗り替えをすればいいのかご紹介しました。
外壁塗装を検討されている場合はぜひ、参考にしてみてください。

塗替えのタイミングの見分け方とは?|千葉で外壁塗装をお考えの方へ

「ひび割れがあるんだけど、今が適切な塗替えのタイミングなのかわからない」
「塗り替えのタイミングかどうか見分けるポイントがあれば教えて欲しい」

外壁塗装を検討されている方の中には上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
適切なタイミングで塗り替えを行うことで、外壁の劣化も防ぐことができますし、さらなる劣化につながる可能性も低くなります。
今回は、塗替えのタイミングの見分け方について解説します。

□塗り替えのタイミングの見分け方

塗り替えのタイミングの見分け方にはどういったものがあるのでしょうか?
3つのポイントをご紹介します。

*著しい劣化が生じている時

まず第一に、
「大きなひび割れが生じている」
「塗装が大きく剥がれていて、壁が丸見えになっている」
など、著しい劣化がある場合は、早急に外壁塗装を行いましょう。
雨水や強い風によってさらなる劣化が起こり、外壁が倒壊するなどの被害が発生する可能性があります。

*耐用年数が超過している時

外壁塗装では塗料によって、効果を発揮できるおおよその年数を示す耐用年数が決まっています。
もっとも一般的に用いられるシリコン塗料の耐用年数は7〜10年ほどです。
この耐用年数を過ぎている場合は、外見が綺麗であっても、塗り替えを行なっておくと安心です。
定期的なメンテナンスを行うことで、目に見えない劣化を防ぎ、外壁を長く綺麗な状態に保つことができます。

*自然災害で被害が出た時

外壁塗装にひび割れなどの損傷が生じてしまう原因として、台風や地震などの自然災害があります。
自然災害が発生した場合、外壁の塗装や外壁自体にも大きな負担がかかり、大規模な被害に繋がりやすくなっています。
もし、自然災害が起こった場合は、外壁に異常が発生していないか確認し、もし異常があれば速やかに業者に工事を依頼しましょう。
外壁自体に大きな被害が出ている場合は、塗装業者では対処できない可能性があるので、業者の方との相談が必要です。

□こまめなメンテナンスで長く安心

外壁に関しては、こまめなメンテナンスがその後の安全性や外壁が長持ちするかどうかに繋がってきます。
ひび割れや塗装の剥がれなどをそのままにしておくと、雨漏りなどの被害が出る可能性があるほか、外壁が倒壊するなどの被害が起こる場合があります。
定期的に外壁を確認し、もし損傷があればメンテナンスを行っていきましょう。
今回は、塗替えのタイミングの見分け方を、3つのポイントに焦点を当ててご紹介しました。

千葉県富津市外壁・屋根塗装

                                                       株式会社シマテックの小野です。

千葉県富津市にて住宅の塗装が完了したので紹介致します。

塗装箇所は屋根、外壁、軒、雨樋、雨戸、水切り、シャッターBOX、シャッター、ポストなどです。

使用致しました塗料はAll タテイルアルファ(期待耐用年数20年超邸汚染性無機塗料)

屋根は4回塗り、外壁は3回塗り 

シーリング(コーキング)工事箇所は縦目地打ち替え サッシ廻りは増し打ち

使用致しましたシーリング材は、オートンイクシード

 

 

 

 

住宅の外壁塗装・屋根塗装専門店

株式会社シマテック

対応エリア:千葉県全域、主に(千葉市・木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市・市原市・館山市など)

千葉の塗料メーカー優良認定施工店

外壁塗装でよくある3つのトラブルとは?|千葉で外壁塗装をするなら

「トラブルが多いって聞くけど、具体的にどのようなトラブルがあるのか知っておきたい」

外壁塗装を検討されている方の中には、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?

外壁塗装工事によるトラブルを未然に防ぐためにも、どういったトラブルが発生しているのかを知っておくことが効果的です。
今回は、外壁塗装でどのようなトラブルが起こっているのかを、対策方法も踏まえながらご紹介します。

□外壁塗装でよくある3つのトラブル

外壁塗装でよくあるトラブルには、以下のような3つのトラブルがあります。

*工事期間中のご近所トラブル

外壁塗装の工事を行う場合、工事前よりも人の往来や車の往来が増えます。
そのため、外壁塗装工事を始める前よりも、騒音や車通りが多くなるため、近所に住んでいる方とのトラブルが発生する場合があります。
また、外壁塗装に用いる塗料は、種類によって独特の臭いを発生させるものがあります。
近所の方とっては、その臭いのせいで洗濯物が思うように干せないなどの影響を与えてしまうこともあるでしょう。
騒音問題や、臭いによるトラブルに発展しないためにも、外壁塗装の工事を行う際は、近所の方への挨拶回りを行うことが重要です。
業者が代わりに行ってくれる場合もありますが、わだかまりを残さないためにも、お隣さんには直接挨拶に行くことをお勧めします。

*悪徳な業者による追加請求

外壁塗装では、悪徳業者によるトラブルも多くなっています。
悪徳業者は様々な手口を用いて、顧客を騙そうとしてきます。
その中でも多いのが、わざとわかりにくい曖昧な見積もりを提示し、工事中に新たな問題点が見つかったと勝手な追加工事をして、その費用を追加で請求するというものです。
追加請求の被害に遭わないためにも、見積もりを取る際は、「一式の見積もり」ではなく、「詳細な見積もり」を要求しましょう。
また、悪徳な業者の被害に合わないためにも、業者選びの段階から、信頼に足る業者かどうかを慎重に見極めていきましょう。

*色の仕上がりがイメージと違う

「色の仕上がりがイメージと違う」というトラブルも多くなっています。
これは、日当たりによる色の見え方の変化や、小さい面積で見たときと大きい面積で見たときの色の感じ方の違いによって発生してしまいます。
色を選ぶ際は、できるだけ大きいサンプルを見せてもらったり、実際にその色で塗装した住宅を確認してみたりする、といった対策が必要です。

□トラブル事例から、未然にトラブルを防ぐ

今回は、外壁塗装でどのようなトラブルが発生しているのかを、対策方法も踏まえながらご紹介しました。
どういったトラブルがあるのかを知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。
外壁塗装を依頼する際は、今回の記事の内容をぜひ参考にしてみてください。