2018年12月

シーリングの寿命の見分け方について千葉の外壁塗装専門店が解説

家を建ててから数年が経ち、最初に傷みだすのはシーリング部分です。
では、どのような状態になると、改修工事を行うべきなのかご存じでしょうか?

そこで、この記事ではシーリングの寿命が来た時の見分け方について、千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□そもそもシーリングって?

シーリングとは、簡単に言い表すと「隙間を防ぐ粘土のようなもの」です。
シリコンなどでできた素材がチューブの中に入っており、必要な分だけ取り出して使用します。
シーリング材の主な役割は、「雨水や異物の侵入を防止すること」です。
建物を作る際は、どうしても部材と部材の間に隙間ができてしまいます。
このまま放置していると、雨水や異物が浸入してしまいます。雨水が浸入すると、外壁や構造材の腐食が進行し、建物の耐久性を下げることになってしまいます。
これを防止するために、シーリング材は建物には不可欠なものです。

以下では、具体的にシーリングの寿命が来たときの見分け方について解説します。

 

□外壁とシーリング材との間に隙間ができている

年数が経ってくると、徐々に外壁とシーリング材との間に隙間ができてくることがあります。
この原因は、「プライマーの塗り忘れや塗りムラ」「外壁の動きによるゆがみにの影響や外壁の動きのために、シーリングの接着が取れてしまう」ということがあります。
外壁の寿命、とまではいきませんが寿命に近づいていると言えるので注意が必要です。
プライマーを入れるなどの対策をすることが大切です。

 

□シーリング材の真ん中に切れ目が入る

劣化が起こってくると、シーリング材の真ん中に亀裂が生じる場合があります。
こうなっている場合は、ほぼ寿命に達していると言えるため、すぐに工事が必要な状態です。
この現象の対策として、次の工事の際に耐久性に優れたシーリングを選ぶようにすることが大切です。

 

□シーリング材のすぐ後ろのバックアップ材が見える

こうなっている場合は、シーリング材の厚みが足りていないため、工事が必要です。
薄すぎるせいで穴が開いてしまうと、そこから雨水が入りこんできてしまうため、早急に工事する必要があります。

 

□おわりに

以上のように、シーリングの寿命が来た時の見分け方について、解説してきました。
このような現象が起きているお宅では、早急に工事をされることが必要です。
ぜひ自分の家はこのような事態になってしまっていないか、一度確認していただきたいです。

年末年始休暇のお知らせ

年末年始休暇のお知らせいたします。

誠に勝手ではございますが、下記期間中はお電話、メールでの

対応ができませんので、予めご了承くださいませ。

2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日

本年度もたくさんのご依頼誠にありがとうございました。

千葉県の外壁塗装・屋根塗装専門店

株式会社シマテック 代表取締役 島津 勝

千葉市、木更津市、富津市、君津市、袖ヶ浦市、市原市などの外壁塗装、屋根塗装

 

外壁塗装の前に近所の方に挨拶する必要はある?千葉の外壁塗装専門店が解説

「外壁塗装をする前に近所の方に挨拶するべきだろうか」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?
ですが、どうして外壁塗装を行う際に、近所の方に挨拶しておいた方がよいのかご存じでしょうか?

この記事では、どうして外壁塗装を行う前に近所の方に挨拶しておく必要があるのかについて、千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□騒音によるトラブル

外壁塗装を行う際、高い部分の外壁にも塗料を塗るため、足場が必要です。
この足場を組む際にどうしても大きな音が鳴ってしまいます。また、足場の上を職人さんが歩くときの音が周りに響いてしまいます。

さらに二週間ぐらいの間、業者の方が家の周りをうろうろし、人の出入りも普段より多くなるため、いつもとは違った環境になります。
近所の方も同じように外壁塗装の工事をすることはあるはずでお互い様ではありますが、事前に挨拶をしていなければトラブルにつながることも考えられます。

 

□塗料が付いてしまうトラブル

作業の際に、「塗料が隣の家の車や庭に付いてしまう」ということが起こる可能性があります。
隣の家の車に塗料が付いてしまう可能性のある際には、車にシートをかけるなどして車が汚れないように気を配ります。それでも塗料が付いてしまったとクレームがくることがあるため、絶対に隣の家のものに塗料が付かないと言い切れるわけではありません。
業者はこのようなケースも考慮して損害保証に入っているはずなので業者が対応してくれるはずです。しかし、隣の方とのトラブルにならないようにあらかじめ挨拶をしておくことをおすすめします。

 

□臭いのトラブル

外壁塗装の際には塗料を使うため、当然臭いの問題があります。
敏感な方は、塗料の臭いで気分を悪くしたり、体調が悪くなったりしてしまうことがあるため、あらかじめ近所の方に説明をしておくことが大切です。
また、近隣の方だけでなく、自身も体調が悪化してしまうこともあるため、臭いのあまりしない塗料を使用するなど、業者に相談しておくことが大切です。

 

□おわりに

以上のように、どうして外壁塗装を行う前には近所の方に挨拶しておく必要があるのかについて解説してきました。
近所の方とは、一生の付き合いになることも多いはずです。
近所の方との関係が悪化してしまうと、居心地はよいものではありません。
これからの外壁塗装をお考えの方には、ぜひこの記事を参考にしていただき、近所の方への挨拶を十分になさるようにしていただきたいです。

外壁塗装を頼む業者はどう選べばいい?千葉の外壁塗装専門店が解説

外壁塗装業者の中には、悪徳業者が数多くいるようで、これらの悪徳業者のせいで塗装依頼された方が被害を被っていることが多く起こっています。
悪徳業者に引っかかってしまって、「結局工事をし直さなければならない」というようなことになってしまうと最悪ですよね。

そこで、この記事では外壁塗装の業者はどう選べばいいかについて、千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□知人や親戚の紹介などだけで判断しない

外壁塗装の業者の選び方で、よくしてしまうものとして、「知人の紹介」や「親戚の紹介」だからという理由だけで、その業者のことを信頼して契約してしますことがあります。

*知人の家と自分の家は全く違う

家によって外壁の状態は必ず異なるため、知人の家では成功した外壁塗装の業者であっても、自分の家でもうまくいくなんてことはありません。
もしかしたら、自分の家の状態塗装するには得意でない業者であるかもしれません。
自分で業者の話をしっかり聞き、自分の家に合った業者を見つけることが大切です。

*その業者が悪徳業者であることも?

外壁塗装の手抜き工事が発覚するまでに年数がかかり、すぐには悪徳業者であると分からないことが大いに考えられます。
ですので、知人や親戚の家でまだ手抜き工事が発覚していないだけで、実は悪徳業者であったということも考えられます。

 

□即決はしない

先にも述べたように、外壁塗装業者の中には悪徳業者が多く存在します。
ですので、契約の際には「即決しない」ことが非常に大切です。
即決はせずに、一度その話を持ち帰って、複数の業者から見積もりを行うべきです。
「今日中に決めてもらえると、安くします」などと言ってくる業者があった場合、悪徳業者である可能性が高いため、注意が必要です。
そもそも、大きなお金が必要となる外壁塗装において、即決する必要なんて全くないです。
また、外壁塗装のように価格が定まっていないものと契約する場合には、複数の業者を比較しながら決めることが大切です。

 

□営業の方に確認を行う

営業の方に会社について、十分に確認をすることが大切です。
「どんな会社なのか」や「施工の実績」など十分に確かめておくことが大切です。

 

□最後に

外壁塗装の業者はどう選べばいいかについて解説してきました。
外壁塗装は非常に高額な費用が掛かるものですので、正しい業者を選ぶことがとても大切です。
これからの外壁塗装をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしていただきたいです。

外壁塗装は季節で言うと、いつがいい?千葉の外壁塗装専門店が解説

「外壁塗装をそろそろしようと思っているけど、どの季節がいいのかがよく分からない」
このように考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか?
特にまだ外壁塗装の工事をしたことがない方は、はっきり分からないことかもしれません。

そこで、この記事では外壁塗装の工事は季節で言うと、いつに行うのがいいのかについて千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□塗装には適さない気候条件がある!?

*雨は難敵になる?

外壁塗装では、塗装を行った後にきちんと乾燥させて、塗料の膜を作り出す必要があります。
乾燥時間をきちんととることによって塗膜が作られ、薄い塗膜の重なりによって外壁は紫外線や雨水から守られます。
しかし、乾燥中の塗料は水に弱く、雨が降られてしまうと様々な問題が生じます。
まずは、乾燥しきっていない部分が流れてしまいます。
また、水分がついてしまうと、乾燥にかかる時間が長くなります。
この乾燥時間を十分に取らずに、さらに塗ろうとしても、すぐに剥がれてしまいます。
このようになっては、せっかく塗料を塗ったところで意味がないため、工事は中断せざるをえません。
工事が中断になると、工事の期間が長くなってしまうだけでなく、外壁塗装の失敗にもつながる可能性があります。
こうした理由で、雨は塗装には適さない気候と言えます。

*気温や湿度

気温や湿度もまた、外壁塗装を行う上で重要な条件となります。
塗装工事には、必ず「乾燥させる」という作業が必要になります。
ですので、気温5℃以下・湿度85%以上の条件では、塗装は不向きとされています。
もしこの条件でも、塗装を進めようとすると、「塗料の乾燥が遅くなる」または「乾燥ができない」といった状態に陥るため、その状態で重ねて塗ろうとしても、すぐにはがれるだけで一向に工事は進まず、失敗という結果になる可能性が高いです。

 

□春と秋がベストタイミング

上記のことを考慮すると、夏は気温が高く湿度も高いため不向き、冬は気温が低いため不向きということになり、春と秋が最適なタイミングということになります。
ですが、あくまで一般的なことであり、たとえ季節が春や秋であっても、雨が多くなったりしてしまうこともあるため、一概に断定することはできません。

 

□おわりに

以上のように、外壁塗装に適した季節は春か秋ということになります。
これからの外壁塗装をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしていただいて、適切なタイミングでの外壁塗装の工事をしていただきたいです。

外壁塗装のタイミングの見分け方を千葉の外壁塗装専門店が解説

「家を建ててから、結構年数が経っているけど、そろそろ外壁塗装しなくても大丈夫なのかな」というように考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
外壁塗装をするタイミングはだいたい決まっており、適切なタイミングにすることによって家を長持ちさせることができます。

そこで、この記事では外壁塗装を行うタイミングの見分け方を千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□目安はだいたい10年!

家によっては、多少のタイミングの違いはありますが、だいたい建ててから10年後が外壁塗装のタイミングといわれています。
日本の家屋の多くの塗装が「窯業系サイディングボード」というもので塗装されています。
この外壁材は防水性がありますが、その効果は5年~7年程度で切れてしまいます。
その他の外壁材も同様の年数で防水性は切れてしまいます。
このため、だいたい建ててから10年くらいが塗装のタイミングといわれています。

 

□チョーキング現象

外壁を触った際に、壁の色と同じ色の粉が手についてしまったというような経験があるでしょうか?

これが、「チョーキング現象」と呼ばれるもので、紫外線や直射日光、風、雨水などが原因となって塗装が劣化しこのような現象がおきます。
これが起きるということは、塗料が耐久力を失っており、危険度もかなり高い状態であるので、できるだけ早めに塗り直しをすることが必要です。

 

□ひび割れ

ひび割れが起こってしまっている場合は、早急に塗り直しをすることが大切です。
このような場合、隙間から雨が入り込んでしまい、カビやサビ、腐食にもつながってしまうため、見た目の問題だけではなく安全面の問題にもつながります。

 

□雨漏り

外壁からの雨漏りが起こっている場合は、何らかの問題が起こっています。
ひび割れの場合と同様に、カビやサビ、腐食にもつながることになり、安全面での不安があるため、外壁塗装のタイミングと言えます。



□外壁の汚れ、コケ、カビ

見た目で判断することも当然大切です。
「見るからに外壁が汚れている」「カビやコケがある」というような場合には、外壁塗装を行うタイミングと言えるでしょう。

 

□おわりに

以上のように、外壁塗装を行うべきタイミングの目安とどのように見分けるのかについて解説してきました。
安全面でも、見た目の面でも、外壁塗装は必要になります。
「外壁塗装のタイミングがよくわからない」というような方には、ぜひこの記事を参考にしていただきたいです。

外壁塗装の際によくあるトラブルは?千葉の外壁塗装専門店が解説

「外壁塗装をしようと思っているけど、どんなトラブルが起こるのだろう」
このように、トラブルを心配されている方いらっしゃりませんか?
外壁塗装はあらゆるリフォームの中でも、特にトラブルの多いものです。

そこで、この記事では、外壁塗装のよくあるトラブルにはどのようなものがあるのか、千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□外壁よりも木部や鉄部が先に傷んでしまう

家は木材や鉄など様々な素材が使用されて作られています。
外壁塗装の際、コスト削減のために外壁にのみ高級塗料が使われ、その他の素材にはそれ以下の品質の塗料が使われることもよくあります。
特に家の外観に木部や鉄部がよく使用されている場合、このような部分が外壁よりも傷みやすいため外壁の塗料と同等の品質の塗料で塗装してもらうようにしましょう。

 

□完成後の外壁の色味が想像とは違う

外壁塗装の楽しみの一つはやはり色選びですよね。
「色選びの際に見本を見て選んだけど、出来上がりが想像していた色と違う」というようなトラブルが起こることがよくあります。
色見本だけでは、実際の色をつかみにくい場合があるため、このようなトラブルが起こってしまうことがあります。

 

□すぐに塗装面が剥がれたり、色褪せが起きてしまう

塗装工事から1年も経たないうちに、塗料が剥がれてしまったり、色褪せてしまったりするトラブルが起こることがあります。
原因は様々に考えられますが、基本的には業者側が原因であることが多く業者との間でトラブルになってしまいます。

 

□予定通りに作業が進まない

事前に業者側が提示していた作業行程通りに進まず、工事の期間が延びてしまうというようなトラブルもあります。
天候以外が原因で期間が延びてしまった場合は損害賠償を求めることは可能ですが、大変手間のかかる作業であります。

 

□塗り忘れ

外壁塗装が終わってから、細かい部分が塗り忘れられていることに気づく、というようなトラブルもあります。
ほとんどの場合は無償で塗り直しをしてくれますが、相手が悪徳業者であった場合追加の料金を取られたりすることもありますので、業者選びには十分な注意が必要です。

 

□最後に

外壁塗装のよくあるトラブルはどのようなものがあるのか解説してきました。
トラブルは、やはり未然に防ぎたいものです。
これからの外壁塗装をお考えの方は、ぜひこの記事でご紹介したことを参考にしてトラブルを回避されるようにしていただきたいです。

外壁塗装の悪徳業者の詐欺のよくある手口は?千葉の外壁塗装専門店が解説

「まさか自分が悪徳業者に騙されるわけがない」
このようにお考えの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが、悪徳業者の詐欺に騙されてしまったというような方は全国に数多くいらっしゃります。
もはや他人事と言うことはできません。

そこで、この記事では、外壁塗装の悪徳業者による詐欺のよくある手口について、千葉の外壁塗装業者が解説していきましょう。

 

□危機感をあおってくる

「すぐに塗り替えないと、危険ですよ」「このままだと家が危ないですよ」などと、外壁塗装をすぐに行わないと危険であると伝え、契約させようとすることがあります。
もし危機感をあおってくる業者の場合には、悪徳業者である可能性が高いため、注意が必要です。

 

□契約を急がせる

「今日契約しなければ、契約が高くなる」などと言って、契約を急がしてくる業者は危険な業者である可能性が高いです。
外壁塗装はかなりの高額のお金が必要ですので、今日中などと言って契約を急がせる業者は怪しいです。
このような業者には十分に注意しましょう。

 

□自社のオリジナル塗料をアピールしてくる

自社のオリジナル塗料を主張してくるような業者は悪徳業者である可能性が非常に高いです。
なぜなら、塗料の開発は簡単なものではなく、余程の資本力がないとできないからです。
プロが研究を重ねることで、やっと出来上がる塗料を、一般の業者が作ることができるはずがないため、このような業者はまず警戒しましょう。

 

□先払いを求めてくる

先払いを求めてくるような悪徳業者も存在します。
非常に危険な方法ですので先払いを求められたら要注意です。
支払いをしてそのまま業者と連絡が取れなくなってしまい、工事がおこなわれなかったうというケースがあります。
基本的に外壁塗装の場合は、工事終了後の支払いが普通であるので、先払いを求めてくる業者は信頼しない方がよいでしょう。

 

□キャンペーンなどでかなりの値引きをすると言ってくる

キャンペーンにて大幅な値引きをすることを利用する悪徳業者もいます。
「半額」や「数十万の値引き」などといった大幅な値引きを業者側から提案してきた場合、悪徳業者である可能性が高いため、十分に注意していただきたいです。

 

□最後に

外壁塗装の悪徳業者による詐欺のよくある手口について解説してきました。
悪徳業者に騙されることは絶対に避けたいことですよね。
ぜひこの記事を参考に、詐欺の被害に合われないようにしていただきたいです。

外壁塗装に必要な期間や何日かかるのか|千葉の外壁塗装専門店が解説

これから外壁塗装を検討されている方は、やはり工事の期間や具体的に何日かかるのか気になるのではないでしょうか?
塗装工事の際は、職人の方が自分の家の周りに複数人いるため早く終わってほしいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、この記事では外壁塗装に必要な期間や具体的に何日かかるのかについて千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□平均的には約2週間!

雨や風などの気候条件が関係しなければ、10日間程度で工事を完了できますが、天候の条件を考慮すると、約2週間はかかります。
様々な状況によって、工事期間は長引いたり短くなったりすることが考えられますので、あくまで目安にしてください。

 

□作業の工数や業者によって変わる

作業の工数や業者によって期間に変動があります。
例えば、家の築年数や外壁の損傷具合によっては下地処理の作業の工数が増えますので時間がかかります。

また、業者によって作業にかける人員の数が異なります。
通常であれば、2~3人で行いますが、これよりも多くの人数で作業を行う業者であれば早く終わるかもしれませんし、少ない人数で作業を行うのであれば時間が長くなります。

また、期間が短ければよいというわけではありません。
期間が短すぎる場合は、手抜き工事が行われてしまう可能性もありますので、業者を選ぶ際には注意が必要です。

 

□季節や気候によっても変わる

季節や気候によっても期間に変動が生じます。

*雨

塗料を塗る際は、塗った後に乾燥させる時間があります。
雨が降っていると塗料が乾燥できないので作業をすることができず、作業を中断する必要があります。
このように雨は工事期間を延長する原因となってしまいます。

*強風

強風が吹いていると、ほこりやごみなどの不純物が多く飛んでいるため、不純物が塗料に付着する可能性があり、工事が中断します。

*気温の極端な高温や低温

外壁塗装は35℃以上、もしくは5℃以下の状況で行うのは不適とされています。
暑すぎたり寒すぎたりすると仕上がりが悪くなるので工事が中断されて、期間が延びてしまうこともあります。

 

□おわりに

以上のように、外壁塗装に必要な期間や具体的に何日かかるのかについて解説してきました。
一軒家をお持ちのような方だと、外壁塗装を必ず行う機会があると思います。
これからの外壁塗装をお考えの方は外壁塗装に必要な期間についてぜひこの記事を参考にして、これからのスケジュールを決めていただければと思います。

外壁塗装の塗料としておすすめのナノシリコンとは?千葉の業者が解説

「外壁塗装の際の塗料は何がいいの?」
このように考えたことのある方はいらっしゃいませんか?
そんな方にぜひおすすめしたい塗料として「ナノシリコン」という塗料があります。
耐久性や美観の維持など非常に優れた機能をもつ素材です。

この記事では外壁塗装にぜひ使用していただきたい「ナノシリコン」という塗料について、千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□どのような特徴があるの?

ナノシリコンには、主に8つの特徴があります。

*超耐久性

紫外線や酸性雨に強い塗料であるため、紫外線や酸性雨から外壁を保護します。
そのため、ご自宅の外壁を耐久性に優れた外壁にできます。一度塗ってしまえば、当分の間は塗り直しをする必要がなくなります。

*耐汚染性

塗膜が強く作られており、柔軟性に優れているため、汚れが非常につきにくいです。
外壁は常に外部に面しており、雨や風の影響を直接受けます。
ですので、非常に汚れが付きやすいです。
ですが、この塗料を使用することで汚染を少なくすることができ、美しい外観が維持されます。

*防火認定材料

水を溶媒としており、火災の危険が低いという特徴があります。
またこれと同時に、作業者の作業条件も向上するという効果も見込めます。

*低臭・無公害

溶媒に水が使用されているため、臭いはかなり少ないです。
外壁塗装の塗料は臭いがきついことがよくありますが、ナノシリコンはかなり抑えめです。

*耐変色性

シリコン樹脂の持てる力を最大限に引き出した塗膜を形成することができるため、長い間色褪せず鮮やかな色彩を維持することができます。
外壁塗装はご自宅の印象を左右するため、色褪せが少ないことは重要なポイントです。

*防カビ・防藻性

時間が経つにつれて、外壁にカビや藻が繁殖してきます。
この外壁の美観を損ない、劣化を促進させるカビや藻を長い間防止します。

*自由な色調

一般色29色に加えて、注文生産の色を実現することが可能です。
お客様の希望に添えるような色を提供することができます。

*高い品質

出来上がりの品質が非常に優れており、見栄えも素晴らしいです。

 

□最後に

外壁塗装にぜひ使用していただきたい「ナノシリコン」という塗料について解説してきました。
このような特徴を見てもらえると、ナノシリコンがいかに優れた塗料であるかがご理解いただけるのではないでしょうか?
これからの外壁塗装をお考えの方には、ぜひこの記事を参考に、ナノシリコンを採用することを検討することを検討なさってみてはいかがでしょうか?