2021年12月

<<年末年始休暇のお知らせ>>

ここ最近気温が下がりぐっと寒くなって来ましたね💦

2021年度もあとわずかですので皆様も御身体に気を付けて頂き

新たに2022年度最高なスタートを迎えられる様にして下さいね🌟

弊社の年末年始休暇のお知らせになります!

2021年12月30日(木)~2022年1月5(水)迄

お休みとさせて頂きます。

来年も皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます!

木更津市、君津市、富津市の外壁塗装、屋根塗装専門店(千葉県全域対応致します。)

株式会社シマテック

メールでのお問い合わせ: info@simatech.jp

 

お住まいの外壁、屋根塗装も下準備が大切です。

こんにちは!シマテックの佐藤です!

寒いですね!秋の涼しさからガラリと変わって冬らしくなって参りました

12月は一年の締めくくりの月ですから色々と忙しいですよね

年末調整、クリスマス、大掃除に大晦日

下準備をしっかりしておかないと大変なことになってしまいますよね

ちなみに私たちシマテックのお仕事である外壁塗装にも下準備があるのはご存じでしたか?

この記事では外壁塗装になくてはならない下塗りについてお話ししようかと思います

 

下塗りって?

皆さんにとって外壁塗装ってどんなイメージがありますか?

お家の周りに足場を組んで、壁と屋根を洗浄して、塗料を塗るこんなイメージですかね

塗料を塗る過程は三つの工程があるんです

それがこちらです

下塗り

中塗り

上塗り

三回塗るってこと?と思われた方もいるのではないでしょうか?

そうなんです外壁塗装をするのにこの工程は必要不可欠なのです

この下塗りというのが外壁塗装、屋根塗装に必要な下準備というわけです

下塗りをしっかり行わないと塗料が剥がれたりとトラブルに繋がります

あまり考えたくないですがこの三回塗りというものをしない業者さんも存在します

したとしても外壁によっては合う合わないもありますのでお家の外壁に適した材料を判断する業者さんの目が必要になります

そんな下塗り材ですがどういうものがあるのでしょうか、役割と共に見ていきましょう

 

下塗り材の役割と種類

下塗りの役割としては中塗り材と上塗り材の密着性を良くさせる働きがあります

密着性が悪いと塗ってもすぐ剥がれたりとせっかくお家を守るためにした外壁塗装の意味が無くなってしまいます

永く丈夫にお家を守るにはこの下準備は大切なのです

そんな下塗り材ですがどんな種類があるのでしょう、少し見てみましょう

種類は大きく分けて3つです

 

プライマー…基材の吸い込みを均一にし塗膜の付着性を良くする役割を果たすものです。金属部分の塗装の場合ではサビ止め材を使用します。

シーラー…基材に浸透させて上塗り材と塗装面の密着性を高める役割をします。剥がれたりするリスクを減らし塗膜性能を十分に発揮させる。

フィラー…外壁材に細かいひび割れがある場合や下地に凸凹がある場合に平にならすために使われる下地調整材のようなものです。

 

一見難しく見えますが簡単に言うと中塗り、上塗りをする前の環境を整える役割ですね

しっかりと実績のあるプロの業者に頼めば大切なお家に合った材料で丈夫で見た目も美しい塗装が可能です

私たちシマテックは塗装の技術研修をしっかりと受けたプロが在籍している塗装専門店です

塗料メーカー様からの高い評価も頂いておりますのでどうぞお気軽にご相談ください

→→→→→→→→ フリーダイヤル   0120-330-221

 

千葉の塗料メーカー優良認定施工店

 

下準備は大切

いかがでしたか?外壁塗装においての下塗りの重要性は伝わりましたでしょうか?

パッと見単純そうに見える作業でも実はしっかりと工程を踏んで外壁を守るのが外壁塗装です

今年ももうすぐ終わりますがこれからも住んでいく大切なお家を丈夫で美しく保つためにも定期的に外壁塗装、屋根塗装が必要です

私たちシマテックは今回お話ししました三回塗りを正しい材料と正しい知識で施工させて頂きます

プロの外壁診断士(お家の壁の状態を診断する有資格者)が在籍していますシマテックでお気軽にご相談下さい

 

 

 

 

木更津市、君津市、富津市の

外壁塗装、屋根塗装は

株式会社シマテックまでお問い合わせください

フリーダイヤル 0120-330-221

衣食住の『住』はシマテックの外壁塗装で!

こんにちは!シマテックの佐藤です!

最近すっかり寒くなってきましたね!早いものでもう12月…え?もうすぐ2022年?

時間が過ぎるのがとても早く感じるようになって参りました

世間を騒がせていたコロナウィルスも少しずつ落ち着いて来たかと思いきや今度はオミクロン株が出てきたりとまだまだ警戒が必要そうですね

時間の経過とともに周りの環境や自分自身の状況も変わっていきます

いつでもベストな状況にしておくのが生活において大切なことですよね

生活の三大要素である『衣・食・住』ここが豊かになると心にもゆとりを持って生活することが出来ますよね

私たち株式会社シマテックは皆さんの『住』今住んでいるお家を丈夫に長持ちさせるお手伝いをさせて頂いております

それは皆さんが住んでいるお家の壁!この壁を守ってあげるために塗装を施すお仕事です

外壁の塗装と言っても重要性がイマイチ分からない…といった方も多いのではないでしょうか??

この記事では皆さんのお家に必要な外壁塗装のお話しを少し書いていこうと思います

 

外壁塗装の必要性

まず外壁塗装ってしなくちゃならないの?って思う方もいるのではないかと…

ズバリ

必要不可欠です

その理由をお話ししていきますね

日本の住宅の平均寿命は約30年と言われております!(建築工法によりますが)

これはなんとアメリカの住宅の平均寿命の3分の1なんです

これは日本の気候が高温多湿であるために住宅に使う木材が傷みやすく、劣化の原因になるからです

そのため大切なお家を守るために定期的にメンテナンスを行い、風雨や紫外線から守ってあげなければなりません

日本の住宅の外壁の約80%を占めると言われている窯業系サイディングボード、こちらは主に成分がセメントなので防水性能は無いのです

工場で製造し、出荷する際には塗装をしていますがそれでも塗装による防水性能は7~10年で切れてしまいます

では、防水性能が切れるとどうなるかと言いますと外壁材に雨水が直接入って来たり、紫外線にも弱くなりますので構造上の劣化に繋がります

そうなるとお家の寿命は30年と持たなくなってしまい大切なお家がボロボロに…

ではそのお家を守るために何が出来るのかというとここで外壁塗装の出番です

 

タイミングと種類

外壁塗装が必要な事というのは分かったけどタイミングはいつがいいの?という方も居ると思います

これは先程お伝えしました防水性能が切れるタイミングの7~10年が塗装のタイミングとなります

基本的には築10年で塗装のタイミングなどと言われていますが防水性能が切れてしまった状態で時間が経つとやはり劣化の原因となりますので

少し早めに外壁のことを思って塗装するのも悪い選択ではないです

劣化する前に大切なお家の壁を守ってあげるといったイメージでしょうか?

でもタイミングが分かっても実際に塗料って何があってどれを塗れば良いのか分からないですよね?

塗料の種類にも少し触れてみましょう

種類は大きく分けて5つあります

・アクリル樹脂塗料(期待耐用年数:約3年)

・ウレタン樹脂塗料(期待耐用年数:約7年)

・シリコン樹脂塗料(期待耐用年数:約10年)

・フッ素樹脂塗料(期待耐用年数:約15年)

・無機塗料(期待耐用年数:約15年以上)

ここではこの塗料の種類の話は深くしませんが御覧の通りそれぞれ耐用年数が異なります

今お住まいのお家に合う合わないというのもありまして、そこも分かりづらいかと思います

それぞれの塗料に良し悪しがありますのでそこも含めてお気軽にご相談して頂ければと思います

→→→→→→→→→   TEL 0439‐29‐6193

 

最後に

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます

いかがでしたか?外壁塗装ってご自分のお家の為にとても大切なことですよね

実際にお家の外壁を見てみますと状態も様々です

私たちシマテックにはプロの外壁診断士(お家の外壁の状態を診断する有資格者)が在籍しております

7~10年、またはそれ以上の築年数のお家にお住まいの方は是非一度この機会に考えてみてください

作業の効率も良くなる時期なので新年迎えましたらお家も綺麗にさせて頂ければと思います

衣食住の『住』はシマテックの外壁塗装でしっかりメンテナンスを

まずはお気軽にご相談ください→→→→→→→→ TEL  0439-29-6193

これから冬本番です

寒い日が続きますので皆さんお体ご自愛下さい

それではまた

 

 

 

 

木更津市・君津市・富津市などの

外壁塗装・屋根塗装専門店

株式会社シマテック