スタッフブログ

いつがいい?外壁塗装に一番適した季節とは!千葉の専門業者が解説!

一般的に築10年以上経過した住宅を中心に、住宅の老朽化防止のために外壁塗装を行う方が増えています。
外壁塗装をご検討の際、「塗装工事はいつがいいのか」という疑問を抱いたことがあると思います。
外壁塗装は決して安い買い物ではないので、塗装をするなら完璧な仕上がりにしてもらいたいですよね。

そこで今回は、塗装工事において望ましい条件や、それぞれの季節ごとに押さえておきたいポイントについてご紹介いたします。
外壁塗装の時期にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

■塗装工事は基本的に一年中可能

基本的に外壁塗装はどの季節でも行うことが可能です。
たとえ雨の多い梅雨時期や雪の多い時期でも、最低限の注意点さえ守っていれば塗装工事は通常通り行うことが可能です。
たしかにベストシーズンはもちろんありますが、雨や雪のせいで工事が必ずしもできないわけではありません。

■季節ごとに気をつけたいポイント

・春

春は外壁塗装において最も条件の良い季節と考えられます。
外壁塗装において成功のポイントでは十分な乾燥時間があるかどうかです。
春は塗料を乾燥させるには適した気温であり、雨が比較的少ないことから外壁塗装に適していると言えます。

・夏

外壁塗装に湿気の多い雨期が一番の大敵です。
なぜなら雨で塗料が落ちてしまうからです。
また、夏は気温が非常に上昇するため塗料の乾燥に適していると考えられがちですが、施工する職人の体調を考慮すると、業務中に熱中症を引き起こす可能性があります。

・秋

秋は春と同様、雨が少なく空気が乾燥し過ごしやすい季節のため、まさにベストシーズンと考えられますが、この時期はどの業者でも塗装依頼が殺到するので、あらかじめ前もって予約しておきましょう。

・冬

冬は気温が一気に下がり塗料が乾きにくく、また地域によっては積雪などにより工事を中断せざるを得ない可能性があります。

■塗装工事に望ましい条件とは?

一般的に塗料の硬化に適した条件は、気温が15~30度、湿度が75%以下と言われています。
この条件であれば、塗装工事を順調に予定通り進むことができます。
もちろん塗装工事は業者の技術にもかかっていますが、天候によって仕上がりが左右されることも少なくありません。
外壁塗装を依頼する前には、今の季節が塗装工事に適しているかどうかじっくり考慮してから依頼すると良いでしょう。

■どんな時に工事が中断される?

一年中塗装工事は可能ですが、どうしても塗装工事できない条件もあります。

例えば、
・気温が5度以下の場合
・湿度が85%以上の場合
・雨や雪が降っているとき
・外壁面に結露ができてしまっているとき
などの条件は、塗装工事が不可能な条件です。
気温や自然現象以外にも、塗料の種類によって塗装の条件は異なってくるので、塗料のパンフレットを見て条件を確かめておきましょう。

■まとめ

以上、塗装工事において望ましい条件とそれぞれの季節ごとに押さえておきたいポイントについてご紹介いたしました。
これを機に外壁塗装をご検討の際は、ぜひこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。
疑問点がございましたら、弊社ホームページからお問い合わせください。