スタッフブログ

外壁塗装っていつがいい?|季節の問題を千葉の業者が解説します

「近所の〇〇さんのところで外壁塗装の工事が始まってたわよ」
「うちでもそろそろ外壁塗装が必要かもな」
こんな会話をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

しかし、外壁塗装はタイミングが肝心です。外壁塗装のタイミングには2種類の解釈があります。

一つは、外壁の劣化具合からわかるものです。例えば、触ると白い粉がつく、ひび割れしている、と行った具合に。こちらは外壁塗装の時期と表現する場合が多いようです。

そして、もう一つの解釈は、外壁塗装はどの季節にすべきか?外壁塗装をするならいつがいい?:ということです。今回はこちらの疑問に千葉の業者がお答えします。

■外壁塗装の季節はいつがいい?

季節ごとにまとめていきます。

⒈ 春

春は、外壁塗装をするのに非常におすすめできる季節です。春は冬の寒さがやわらいで暖かかくなり、そして雨も少ないためです。しかし、春が終わるとすぐに梅雨がやってくるため、需要が集中する時期でもあります。

そのため、優れた外壁塗装業者と契約するには、前々から連絡を取り、契約しておくことが必要です。

⒉ 初夏

6月から7月にかけては、もっとも外壁塗装をおすすめできない季節だといえます。外壁塗装はその名の通り塗料を塗るため、塗料を乾かす時間が必要です。

しかし、梅雨時は雨が降るため、塗装がなかなか乾かず工期が長期化する恐れがあります。もっとも暖かい季節であることは確かなので、地元の気候を知り尽くした工務店の中には梅雨時でも工事をされる業者もあります。

⒊ 夏

夏は、暖かく、塗料が乾くのも早いため、外壁塗装をするのに適した季節だといえます。しかし、その暑さゆえに、足場が熱くなるなど、外壁塗装業者の負担が大きくなります。

その点には注意が必要です。台風が来る時期は避けるのが無難でしょう。

⒋ 秋

もっとも外壁塗装に向いている季節です。暑さが和らぎ、かつ雨も少ないためです。

⒌ 冬

温度が低く塗料が乾かない恐れがあるため、外壁塗装に適しているとは言い難い季節です。しかし、12月は年内に済ませたいという需要の高まりから工事件数は増加する傾向があります。

冬の工事になれている業者を選ぶのがおすすめです。

■まとめ

今回は、外壁塗装をするのに向いている季節って?外壁塗装をするならいつがいい?という疑問にお答えしました。

季節により、工事のしやすさは確かに変わります。しかし、それ以上に重要なのは、その季節にその場所で工事をしたことがある業者を見つけることです。

千葉にお住いの方は、弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。