スタッフブログ

外壁塗装すべきタイミングの見分け方|千葉の業者がご紹介

「恋愛、就職…人生の節目節目で重要になってくるもの、それがタイミングです。」
それは外壁塗装でも同じ。特に外壁塗装は、一回が高額な費用になります。

そのため、タイミングを見誤るのだけは避けたい、と考えている方も非常に多いのではないでしょうか。また、かつて塗装に失敗したような経験があるならなおさら気がかりになるポイントですよね。

そこで、今回は、外壁塗装をすべきタイミングの見分け方について、3つご紹介致します。千葉にお住いの方は必見です。

■外壁塗装をすべきタイミングの見分け方3選

では、外壁塗装をすべきタイミングの見分け方にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はいくつかご紹介致します。

⒈ 何年経過しているか

まず、外壁を最後に塗り替えてから、何年が経過しているかを確認するのがおすすめです。数字はもっともわかりやすく、タイミングを見分ける指標となってくれます。

そこで基準にするべきは5年という数字です。外壁塗装を行った職人の技術や、外壁塗装に用いた塗料によっても異なりますが、大なり小なり、5年が経過すると劣化している場合が多いようです。

⒉ 壁を触ると白い粉が付着する

これはチョーキングという現象になります。外壁塗装の膜が壊れてしまっている状態です。外壁は建物の見栄えを良くすること以外にも、水や紫外線に対する耐久性が重要です。

チョーキング現象が起きている外壁はそうした役割を果たせなくなっていることが多いです。壁に触ると、ちょっと白い粉がつく…ぐらいならあまり気にする必要はありませんが、壁を触ると手全体に白い粉がついてしまうような場合は、早急に外壁塗装をする必要があるとえいます。

⒊ 壁に亀裂・ひび割れがある

このように目に見える傷が外壁に生じている場合は早急に外壁塗装を行うのがおすすめです。ひび割れ・亀裂が小さいものであれば、外壁塗装の緊急性自体は低いです。

しかし、一度ひび割れが生じると、そこから水が入り、壁内部が腐ってしまうようなケースもあります。結局のところ、ひび割れを見つけたら、外壁塗装を検討された方が良いでしょう。

■まとめ

今回は、外壁塗装をすべきタイミング見分け方について3つご紹介致しました。外壁塗装をすべきタイミングを見分けるのは非常に難しいですが、そのサインはいくつかあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。

塗り直すの大変だな…と思った方はいませんか。そんな方は、高品質・高耐久性の塗料を多数取りそろえた弊社まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。