スタッフブログ

外壁塗装でよくあるトラブル!千葉の塗装業者が解説します

外壁塗装は大がかりな作業となるので、トラブルが起きがちです。
特に近所の人と工事にあたってもめてしまうといったトラブルがしばしば見られます。
今後も良好な関係を続けるためにも、トラブルは避けたいですよね。
こでは外壁塗装の時によくあるご近所トラブルとその対処法について例をあげながら解説していきます!

□工事の騒音に対して苦情を受けた

外壁塗装をする前には基本的に高圧洗浄を行います。
高圧洗浄とは、塗料を塗る前に壁を綺麗にするために行います。
高圧洗浄をすることで塗料がより付着しやすくなるため欠かせない作業です。
そこまで大きな音はしないのですが、中には音が気になってしまう方もおられるようです。

トラブルを避けるための方法として、事前に近隣の方への挨拶をしておいた方が良いでしょう。
事前に工事内容とそれに伴う騒音についても説明し、理解をしてもらうことで、トラブルになることなく円滑に工事を進めることができるでしょう。

□外壁塗装の塗料が近隣の建物や車に付着した

塗装を行うときには周囲に塗料が飛び散るのを防ぐために養生を行いますが、それでも塗料が飛び散ってしまい、近隣の建物や車に付着することも考えられます。
基本的には業者が最善の注意を払い被害が起こらないよう気をつけるほかないのですが、建物や車の場合保険が適用されるためそれで対処することができます。
工事を行う際には事前に保険が適用されるかどうか、業者と話し合っておくと良いでしょう。

□塗料の臭いが気になる

塗装において塗料の臭いが気になってしまうのは避けられないことです。
しかし最近は臭いの少ない塗料も販売されていますので、業者が取り扱っている場合はそのような塗料を選択すると良いでしょう。
この場合も、事前に近隣の方に外壁塗装を行うこと、塗料の臭いがあるかもしれないことをしっかりと説明しておきましょう。

以上外壁塗装によくあるトラブルについて解説しました。
騒音や塗料の飛び散り、臭いなど、どうしても近隣の住宅に迷惑をかけてしまう状況になることもあります。
ご近所トラブルを避けるためにはしっかりと事前に説明しておくことが必要です。
また、トラブルを避けるにあたってもう一つ大切なことが信頼できる業者を探すことです。
トラブルに対して、信頼できる業者であればフォローをします。

また、トラブルが起きないように丁寧な仕事をします。
外壁塗装にあたりわからないことがある方はお気軽にシマテックへご相談ください!