スタッフブログ

外壁塗装をお考えの方必見!千葉の業者が近所への挨拶が必要な理由と挨拶のポイントをお伝えします。

外壁塗装を実際に行うことが決まってから、皆さんが気にすることは何ですか?
外壁塗装工事をいざ行うとなると様々な事を考えると思いますが、中でも近所への挨拶が必要かどうかを気にする方は多いのではないでしょうか。
結論から言うと近所への挨拶は外壁工事を円滑に進め、近隣とのトラブルを防ぐためにも必要です。
そこでこの記事では、近所への挨拶が必要な理由と、挨拶をする際のポイントについて伝えたいと思います。

□なぜ近所への挨拶は必要なのか


・臭いが迷惑になるから
外壁塗装工事にはきつい臭いが伴います。
なぜなら、使用している塗料のほとんどにはシンナーが含まれているからです。
シンナーは独特な臭いを発し、その匂いで頭痛がする・体調が悪くなるといったような方も少なくありません。
そのため、近所の方が心構えをして対策をしやすいように事前に外壁塗装工事を行う旨を伝えておく必要があるのです。

・騒音が迷惑になるから
外壁塗装工事は高い場所で作業を行うため、業者が作業をしやすいように足場を設置する必要があります。
そして、その足場の設置の際にはハンマーでたたく作業が欠かせません。
ハンマーでたたく際に、騒音が伴います。
足場を設置する大きな音が外から響いてくると、近隣の方にとってはとてもうるさくて迷惑です。
そのため、近所の方に、騒音で迷惑をかけることを事前に伝えておく必要があるのです。

・汚れや塗料が飛んで迷惑をかけるから
高圧洗浄の作業をしていると、外壁に付着している汚れと共に水が飛んでしまう場合があります。
同様に、塗装を行っているときにも塗料が飛び散ってしまうことがあります。
飛び散った汚れや塗料が近所の車など、近隣の方の所有物に飛んでしまうと近所トラブルの原因となってしまいます。
そのため、事前に汚れや塗料が飛んでしまう場合があることを伝えておく必要があるのです。

この他にも、外壁塗装工事は高い場所で行うため、近隣の家の中が見えてしまうこともあります。
また、洗濯物などを干していると塗料が洗濯物に飛んでしまうかもしれません。
そのため、外壁塗装工事を行うことを伝えておくことで、例えば洗濯物は夜間に干す・工事の人に家の中が見えないようにカーテンをするといったような対策を近所の人がしやすいようにしてあげる必要があるのです。

□挨拶をする際のポイント


・伝えること
いつから工事が始まっていつごろまで続くのか・1日の工事が始まる時間と終わる時間・土日の工事はあるのかといったようなことは最低限伝えておきましょう。

・手土産
挨拶を行う際には手土産を持っていくといいでしょう。
この時、あまりにも高すぎる手土産は相手に気を遣わせてしまうため、500円から1000円ほどのお菓子などちょっとした手土産を持っていきましょう。

以上、外壁塗装工事を行うにあたって、近所への挨拶が必要な理由と挨拶のポイントをお伝えしました。
ご近所との関係を悪化させないためにも、ぜひ参考にしてみてください。