スタッフブログ

外壁塗装は雨の日に行っても大丈夫?千葉の業者がそのリスクを解説

外壁塗装を行う際に、天候は非常に重要な要素となります。
急いで外壁塗装を行いたい方は、雨の日であろうがすぐに外壁塗装を行いたいと思うことでしょう。
しかしよく考えてください。
雨の日に急いで外壁塗装を行うと、結局外壁が剥がれやすくなるなど二度手間になってしまう場合がほとんどです。
この記事では、雨の日に塗装を行うリスクを説明します。

□雨の日の塗装のリスク


雨の日の塗装のリスクは大きく2つあります。
・仕上がりが良くない
塗料は塗った後の必ず乾燥させる時間が必要です。
もしも塗料がまだ乾燥していない状態で雨に触れてしまうと、塗料は固まることができずそのまま流されてしまいます。
完全には流されないとしても、塗料が雨で薄まってしまい、理想通りの色が出ない・塗料に雨が落ちて水玉模様の様なまだらな仕上がりになってしまうという可能性があります。
塗料は十分に乾燥させることが何よりも重要です。
塗料が乾燥していないうちに重ね塗りをしてしまうと、塗装が剥がれやすくなり、ひび割れや白化といった不具合も起きやすくなってしまいます。
そのため、十分な乾燥時間を設けずに焦って、雨の日に無理やり塗装を行ってしまうことはおすすめしません。

 

・塗装が白化する
塗装を行うにあたって湿度は非常に重要です。
塗装を行う条件として湿度が85%以下の時と定められています。
逆に湿度が85%以上の時に塗装をしてしまうのは良くありません。
なぜなら、湿度が高いと塗膜が白化してしまうからです。
雨の日の湿度は一般的に85%前後と高くなるため、雨の日に塗装を行うことはよくありません。

 

□雨の日に塗装を断行する業者には注意が必要です!


雨の日に塗装をすることにはリスクを伴うにも関わらず、なかには工期を遅らせたくないといったような理由から雨の日にも塗装を断行する業者がいます。
しかし、雨の日に塗装を行うと先ほど述べたように、様々なトラブルが起こるリスクがあるため、雨が降っても作業を辞めない業者に対してはきちんと辞めさせるように交渉しましょう。

 

□まとめ


以上、雨の日の塗装のリスクをお伝えしました。
雨が降っているにもかかわらず、焦って塗装を行ってしまうと結局、丁寧に塗装が行えず仕上がりが悪くなり、二度手間になってしまいます。
また、雨の日の塗装が原因ですぐには症状が現れなくてもひび割れや白化といったような不具合が何十年後になって現れる場合もあります。
そのようなことを防ぐためにも、雨の日の塗装にはリスクがあることをきちんと理解し、雨の日の塗装は避けるようにしましょう。