スタッフブログ

外壁塗装のしつこい営業の断り方について千葉の外壁塗装専門店が解説

外壁塗装の業界では、しつこい営業に関連するトラブルの相談が後を絶ちません。
しつこい営業を断り切れずに不本意ながら契約をしてしまったりすると、後になって調べてみて、「自分の契約した業者は相場よりも高額だった」なんてケースも起こりかねません。

そこで、この記事では、外壁塗装のしつこい営業の断り方について千葉の外壁塗装専門店が解説していきましょう。

 

□「他の業者に依頼した」と伝える

全く外壁塗装をする予定がなくても、「すでに工事を依頼する業者が決まっている」と伝えると、しつこい営業も止まるはずです。
すでに業者が決まっている状態で、さらにしつこく営業してくる業者は少ないはずであるため、効果的であります。

 

□「家を売却する」または「家を建て替える」と伝える

「家を売却することが決まっている」や「家を建て替えるつもりだ」と伝えることで、しつこい営業を止めるという方法もあります。
さすがに売却することが決まっている家や建て替えられることが決まっている家に対して、外壁塗装の営業をしてくる業者は少ないはずなので、試してみる価値はあるでしょう。

 

□男性に対応してもらう

しつこい営業のターゲットになることが多いのは、女性や高齢者です。
普段女性がしつこい営業の対応をしているというようなご家庭では、男性に対応をしてもらうことで、業者は引き下がる可能性が高いです。

 

□「消費者センターに相談する」と伝える

同じ業者から何度も営業をされる場合には、「消費者センターに相談する」と伝えることも効果的です。
特定商取引法という法律によって、消費者は悪徳な訪問販売から守られています。
このように伝えることで、しつこい業者も法律違反になることは避けたいため、引き下がる可能性が高いです。

 

□警察に相談する

どうにかして契約を取りたい業者は、何度断っても諦めずにしつこく営業を続け、個人では対処できなくなることも考えられます。
そのような場合には、警察に相談するようにしましょう。
警察に対応を任せるとしつこい営業は止まるはずですので、どうしてもしつこい営業がなくならないというような場合には、警察に相談することが得策です。

 

□おわりに

以上のように、外壁塗装のしつこい営業の断り方について解説してきました。
外壁塗装に限らず、しつこい営業は大きな悩みの種となりますよね。
外壁塗装のしつこい営業に悩まれた際には、ぜひこの記事を参考にして、営業を断って適した業者に塗装を依頼していただきたいです。