バッファーコート

防水・防錆を10年間保証

 

超付着性:シリコーン特有の付着性により幅広い基材に下塗りなしで施工可能。

超防錆性:錆面への適用も可能。電気絶縁性の高い物質のため、錆の発生を防ぎます。

超防水性:-50℃になっても伸び率350~400%の伸縮性を持つため、どんな環境でも防水性能を失いません。

超撥水性:ハスや里芋の葉のような撥水効果を塗膜のある限り持続します。

超耐候性:千葉県千倉曝露場での実曝状況(実曝約40年)。

     老化がほとんどないシリコーンゴムが基材を超長期的に保護します。

 

「柔軟で優れた浸湿性。

可塑剤を使用しない超長寿命シリコーンゴム。」

シリコーンは防水材に類を見ない水蒸気透過性(ガス透過性)と

撥水性を併せ持ち、人間の肌を思わせる

「しなやかな強さ」が一番の特徴です。

 

「超付着性」

シリコーン特有の弾性をもち、金属をはじめ多くの素材に良好な付着性を発揮。

下塗り材を介さずにシリコーンゴムが直接付着することで、ゴム弾性皮膜が接着界面にかかる

ヒートストレスを吸収し和らげ、様々な基材に対して付着性を損なうことがありません。

そしてその付着性の持続が長期的な防錆性能へとつながります。

幅広い基材に下塗りなしで直接施工できるため少ない工程で済みます。

 

「超防錆性」

透湿性が高い(酸素や水蒸気を透過する)のに

どうして長期防錆が可能なのか??

電気絶縁性が高い物質であり局部電池を抑え錆が発生しなくなります。

硬化時に空気中の水分と反応してオキシム化合物を生成し

局部電池の電極間電位差が失われ、錆の発生を防ぎます。

バッファーコートであれば、この体育館のように広範囲に錆びた

屋根でもケレンせずに直接塗布できます。

通常塗装前には鉄部をヤスリで擦り、汚れや錆を落とし塗料の付着をよくする

ケレン作業を行います。

鉄部は塗料の付着が悪い為、ケレンが不十分なまま一般的な塗料で塗装を

行った場合腐食が進行し、塗装後2~3年で剥がれてくることがあります。

 

「超防水性・撥水性」

高弾性塗膜

バッファーコートは-50℃~200℃の範囲で十分に伸びるため、

寒暖差による建築物の伸縮や振動(ムーブメント)にも追従する

ことができ、ヒビ割れが起こりません。

 

高透湿性能

下地からの膨れの原因は、躯体に含まれた水分が防水工事後に熱により温まり

湿気となって出てくるため起こります。

バッファーコートは雨水など外部からの水分の侵入を防ぎながらも

空気の流通があり内部の水分を外へ逃すため、下地からの膨れを抑制します。

 

「千倉曝露場」

過酷な曝露環境にて長期間にわたる耐候性の曝露試験を実施。

漁業組合の敷地の一部を曝露試験場として借り、約40年という

長期間の曝露試験からバッファーコートはうまれました。

 

「99.99%シリコーンの付加価値」

環境と人に優しい、シリコーン。

シリコーンゴムは熱に強く、耐久性や科学的安定性が良いことから、

電子機器、自動車、建築、医療機器、生活用品などの幅広い

分野で利用されています。誤飲した場合も体内には吸収されず、

人体には無害でアレルギー反応も少ないと考えられています。

そのため安全性に対する評価を得て、医療現場などでも

使用されています。

 

他にはない付加価値。

Si-o-Si(シロキサン結合)は一般の有機物に比べ、耐久性・

耐熱性・耐寒性・耐オゾン性・耐紫外線・耐薬品性が

圧倒的に優れています。

 

 

「実績施工例」

・工場等の鉄板屋根

・住宅等のスレート屋根

・各鉄部の防錆として

・トタン・折半屋根の防水・防錆コーティング

・ベランダ防水、屋上防水改修工事

・FRP、ウレタン、各種シート防水

 

「スレート屋根の高耐久防水コーティング」

・撥水性が持続するため毛細血管現象が起こりづらい。

・屋根の防水性が飛躍的に向上

・以後のメンテナンスが(ほぼ)不要

・少行程(タスペーサーは使用)